永島 敏行(ながしま としゆき、本名同じ、1956年〈昭和31年〉10月21日 - )は、日本俳優実業家。血液型はO型。所属事務所はグランドスラム

ながしま としゆき
永島 敏行
本名 永島 敏行
生年月日 (1956-10-21) 1956年10月21日(65歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市中央区
身長 182cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1977年 -
配偶者 あり
主な作品
映画
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀主演男優賞
ブルーリボン賞
主演男優賞
1981年『遠雷』
新人賞
1978年『事件』
その他の賞
テンプレートを表示

人物編集

千葉県千葉市中央区今井出身。千葉市立高等学校を経て、専修大学文学部人文学科卒業。

父は当初競輪選手だったが、宿泊していた旅館の娘(永島の母)と結ばれて結婚。これを機に競輪選手を引退し、旅館を継ぐことになった(旅館は現在は廃業している)。永島家のルーツは和歌山県だという[1]

中学校時代から親しみ、自らのチームを持つほど熱中している野球や、殺陣、さらには農作業など幅広い趣味を持つ。農林水産物に関するコンサルティングならびに講演などを行う「有限会社青空市場」の代表取締役でもある。

略歴編集

俳優としての活動・評価編集

高校時代に野球部に所属し、専修大学進学後は準硬式野球部に入部した[2]経歴を買われて、1977年に映画『ドカベン』で俳優デビュー。2作目の『サード』が作品として高い評価を受けるのに伴い、主演を務めた永島にも注目が集まり、その年の国内の新人賞を多数獲得した。ちなみに上記2作品は、共に父親が永島に黙ってオーディションに応募したことで出演に至った[2]。1980年前後は主演格として活躍し、1981年には『遠雷』で都市化していく宇都宮を舞台に、時流に抗う農家の青年役を演じてブルーリボン賞主演男優賞を受賞[3]

以降は、身軽なフットワークと安定した演技力で映画テレビドラマ舞台にて主に脇役として活動を続けている。

2004年公開の映画『透光の樹』では、クランクイン後に主演の萩原健一がスタッフや共演者との確執から映画を降板。急遽きゅうきょ永島が代役を務めるといったハプニングに見舞われるも、持ち前の落ち着いた演技で撮影を無事終了。大人の激しい純愛を描いたこの作品は国内外で一定の評価を受ける。

戦争映画にも多数出演しているが、何故か話の途中で戦死する役にキャスティングされることが多く、本人も雑誌の取材で「不思議なジンクス」と述べている。また、自衛官の役にこれまで3回もキャスティングされている。

農業コンサルタントとしての活動編集

1993年秋田県十文字町(現横手市)で初めて米作りを体験。以降、十文字町や千葉県成田市で知人らとともに地元の農家から毎年米作りを教わる。俳優として活動する傍ら東京都中央区銀座などで「青空市場」を開催し、生産者と消費者の架け橋として精力的に活動。2005年2月には同名の有限会社を設立し代表取締役に就任。各地方自治体と提携して農畜産物および水産物の販売や人材育成を実施。活動の様子はテレビや雑誌など各メディアでたびたび取り上げられている。

食に関するNHK総合の情報番組『産地発!たべもの一直線』では司会を担当。

2013年には、秋田県立大学の客員教授に就任。「生物資源科学への招待」と題して農業の魅力を教える。

エピソード編集

作品に関するエピソード編集

『サード』について編集

『ドカベン』には出演したものの、この頃は特に将来俳優になることは考えておらず以前と同じ大学生活に戻った。当時大学の準硬式野球部には連帯責任が課せられており、一人が練習をサボると周りにも迷惑がかかった。このため永島は、部の練習を優先して父親が応募した『サード』のオーディションには行かなかった。しかし数日後、オーディションのスタッフから電話で「該当者がいなかったから面接に来てほしい」と頼まれた[2]

面接に行くと大したやり取りもないまま、同作への出演が決まった。寺山修司が書いた同作の脚本には「野球をやっている無口な少年」とあり、永島の役にはほとんどセリフが書かれていなかった。永島が後日スタッフから聞いた話によると、「君の喋らない顔がいい」との理由から採用が決まったとのこと[2]

台本にはシーンごとにテーマみたいなものは書かれていたが、例えば共演者との喫茶店のシーンでは東陽一監督から「お前たち、“お金を儲けるにはどうしたらいいか”という雑談をしてろ」と指示された。『サード』ではこのように、自分の言葉で話したことで演技をしている意識は全くなく気負うこと無く撮影に臨むことができたとのこと[注釈 1]

軍人・自衛官役について編集

デビューから数年間は、軍人や自衛官役として多くの映画[注釈 2]に出演が続く。永島によるとデビューした当時の芸能界では髪の毛の長い男性アイドルが多く、「僕みたいな坊主頭で体格がゴツイ奴は珍しかった。それでこういう役のオファーが多く来たのでしょう」と回想した。

この結果20代前半はほぼ丸刈りのような髪型で過ごすことになり、一時は週刊誌などで“軍人役者”と書かれることもあった。しかし、本人は「当時は岡本喜八松林宗恵といった素晴らしい監督たちと仕事ができることが嬉しく、みんなで作品を作る喜びを感じ“こんな楽しい世界にいていいのか”という気持ちだった」と後年語っている[3]

その他の作品編集

「自身についた“永島敏行=戦争映画”のイメージをそろそろ変えたい」と思っていた頃、『遠雷』の映画化の話を知って原作を読んだ。千葉育ちの永島は舞台となる“都市化される宇都宮”に、東京近郊ということで親近感を感じ当時の自分の気持ちにフィットした[注釈 3]ことから、役者人生で初めて自分から「この映画に出たい」という気持ちが芽生え、後日主役に選ばれた[3]

1984年に『湯殿山麓呪い村』に主演し、即身仏の発掘にまつわる連続殺人事件に巻き込まれる学者を演じた。監督の池田敏春は作品作りに妥協しないため、徹夜で撮影をすることはザラで、ワンカット撮るのに5時間かかったこともあったという。撮影期間中、撮影所の食堂で早朝に徹夜開けの朝食を取っていると他作品の出演者やスタッフから「池田組早いな。もう集まっているの?」と言われ、「いえ、昨日からいます」と答えては驚かれることが毎日のようにあったとのこと[3]。 

1995年に始まったドラマ『新宿鮫』シリーズでは、舘ひろし扮する鮫島警部と対決する冷徹なエリート警察官僚を演じた。永島の役は感情をあまり表に出さない役だったが役者として面白味を感じていた。既成のルールを破っていく鮫島に対抗する上で、永島は自分のどの“色”を出せば、鮫島の存在をより輝かせるのかを考えた。これがきっかけで他の作品でも、役を演じる上で自分の役割をどこに持っていくかを考えるのがものすごく好きになったという[4]。 

その他のエピソード編集

演技に関して編集

デビューからの数年間で映画やドラマで活躍するようになったが、この頃の自身について「素の永島敏行が何もできないのに、役者としての永島敏行がどんどん先に行くような感覚に陥った」と評している。その状況に共演した東陽一監督などから、「お前は芝居できないんだからしようと思うな」、「土のついた大根だからそのままでいろ」、「下手に演技なんか考えるな」などと一見辛辣にも思えるような助言をされた。この言葉により「僕は素材なんだ。演技の勉強の経験がなかったことが逆に良かったのかもしれません」との考えに至ったとのこと。また、自身の演技について「僕は真剣にやればやるほど演技が下手になるところがある」と自己評価している[2]

短期留学編集

1987年に3ヶ月間スケジュールを調整して、ボイストレーニングのためイギリスに留学した。それまで演技の基礎的な技術の練習をしないままキャリアを重ねてきた永島にとって初めての経験となった。この留学は、1983年に参加した初舞台『悲劇アトレウス家の崩壊』で外国人の演劇プロデューサーからボイトレを勧められたのがきっかけ[注釈 4]

留学時は、ロイヤル・シェイクスピア劇団についているボイストレーナーのレッスンを受けて舞台での発声法や表現方法を学んだ[注釈 5]。イギリス人トレーナーの教え方は褒めて伸ばすタイプで、永島はこのレッスンを「非常に楽しかった」としており舞台で通る声を身につけた。ただしこの留学で得るものが大きかったとする一方、舞台以外の作品でこの発声をすると嘘っぽくなる恐れや、自分の声に酔って演技が二の次になる恐れという落とし穴もあることに気づき、演技の難しさを改めて知ったという[5]

高倉健とのエピソード編集

永島は若手時代に高倉健と映画で2度共演しており、『動乱』では高倉の部下役、『駅 STATION』では高倉の弟役を演じている。高倉について「寡黙な人のイメージがあるかもしれませんが、普段はよく冗談をおっしゃる方でした。非常に優しい人で、まだ若手だった僕が高倉さん相手に緊張しないようフランクに接して下さった」[6]

永島がある年の誕生日にマネジャーと二人でスナックで飲んでいると、店に高倉から電話が入り「今から行くから」と告げられた。「大スターの高倉さんが店に来たら騒ぎになる」と永島がマネジャーと店の表で待った所、車で現れた高倉から「誕生日おめでとう」とロレックスの高級腕時計をプレゼントされた。また、ある時には高倉から「“屈辱”は、エネルギーだ。失敗した時の恥を自分の中に溜め込むことで人は変わっていける」と助言され、感銘を受けた[注釈 6]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • あやまり屋稼業(1997年) - 宗像剛(謝罪代理士)
  • ケンカ包丁!! 義(2000年、東映ビデオ) - 彫り師 ※友情出演
  • 新・修羅の軍団(2010年)
  • 疵と掟(2018年) - 安斉組幹事長 台村組組長 台村恭平

舞台編集

  • 悲劇アトレウス家の崩壊(1983年12月2日 - 26日、帝国劇場) - オレステス
  • ソールジャーズ・プレー(1987年)
  • カッコーの巣の上を(1987年)
  • たそがれてカサブランカ(1989年4月14日 - 30日、パルコ劇場)
  • 飢餓海峡(1990年、2006年)
  • 榎本武揚(1991年、銀座セゾン劇場)
  • やせがまんの系譜(1992年)
  • SANADA(1992年)
  • ナスタージャ(1993年)
  • ラブ・レターズ(1993年)
  • 怒りのぶどう(1994年)
  • インスペクター・コールズ(1994年)
  • 青春の甘き小鳥(1995年)
  • ヨコハマ物語(1996年)
  • 真夜中のパーティ(1997年)
  • スタンド・バイ・ミー(1997年)
  • 鶴女夢物語(1997年)
  • 女やさかい(1998年)
  • 風の盆恋歌(1998年)
  • 恋愛のれん(1999年)
  • 恋の三重奏(1999年)
  • 欲望という名の電車(2001年)
  • おはん(2001年)
  • 恋愛のれん(2001年)
  • 鶴屋南北 悪の華(2001年8月31日- 9月25日、帝国劇場) - 猿島惣太
  • 大阪から来た女(2001年11月1日 - 26日、大阪松竹座、2001年12月1日 - 25日、新橋演舞場) - 春日林太郎 役
  • 用心棒(2002年)
  • サボテンの花(2003年、2004年)
  • 越路吹雪物語(2003年)
  • 花あかり(2004年)
  • 太夫さん/夫婦の決闘(2004年)
  • びっくり箱-姉妹編-(2006年3月24日 - 4月23日、紀伊國屋ホール)
  • たとえば野に咲く花のように - アンドロマケ(2007年10月 - 11月、新国立劇場中劇場)
  • オットーと呼ばれる日本人(2008年5月27日 - 6月8日、新国立劇場)
  • タクフェス第6弾 あいあい傘(2018年10月5日 - 12月9日、サンシャイン劇場 ほか) - 東雲六郎 役

バラエティ編集

受賞歴編集

以上、映画『サード』『事件』『帰らざる日々』に対して

  • 第6回 報知映画賞 主演男優賞
  • 第21回 ゴールデン・アロー賞 演劇賞 新人賞
  • 第3回 ヨコハマ映画賞 主演男優賞
  • キネマ旬報賞 主演男優賞

以上、映画『遠雷』に対して

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 永島は、「下手に演技しようとしたらひどいものになるところを、プロの人たちが敢えてセリフをなくすことで僕らの自然な状態を切りとってくれたんだと思います」と述べている[2]
  2. ^ 皇帝のいない八月』、『英霊たちの応援歌 最後の早慶戦』、『動乱』、『二百三高地』、『連合艦隊』など。
  3. ^ 永島が子供だった頃の東京湾はキレイで時々潮干狩りに訪れていたが、その後そこが工業地帯に変わって子供の頃に遊んだ場所がなくなる寂しさを抱いていたという。
  4. ^ 学生時代野球部だった永島は大きな声に自信があったが、プロデューサーから「君は舞台でただ声を張り上げているだけでそれではお客さんの耳には届かない。ちゃんと勉強した方がいい」と言われたことから[5]
  5. ^ トレーナーから「舞台での芝居はとにかく体をリラックスさせること。リラックスさせて声を自分の身体に響かせ、腹から声を出すと自然と役者の中の感情も外に出ていく」ということを第一に指導を受けた。また、「言葉は音楽で、だからこそ聴く側の感情も動く」と教わり、永島は“セリフは音色なんだ”ということに気づいたという。
  6. ^ 永島は後年「仕事で失敗が多かった僕は恥をかいたから役者として前に進んで来られたんだと思います。この仕事は恥をかくことが全て表現に変わる。失敗をしてお金がもらえるなんてこんないい仕事はないと思います」と回想している[6]

出典編集

  1. ^ 秘密のケンミンSHOW』2012年2月23日分放送[信頼性要検証]
  2. ^ a b c d e f 週刊ポスト8月20日号「役者は言葉でできている」第369回・永島敏行その1p110
  3. ^ a b c d 週刊ポスト9月3日号「役者は言葉でできている」第370回・永島敏行その2p112
  4. ^ 週刊ポスト10月1日号「役者は言葉でできている」第373回・永島敏行その5p84
  5. ^ a b 週刊ポスト9月24日号「役者は言葉でできている」第372回・永島敏行その4p92
  6. ^ a b 週刊ポスト9月10日号「役者は言葉でできている」第371回・永島敏行その3p108
  7. ^ 宇宙船編集部(構成・執筆)『ゴジラVSビオランテ』朝日ソノラマ〈宇宙船文庫〉、1989年、52頁。ISBN 4-257-76452-X
  8. ^ 菅田将暉&小松菜奈W主演の映画『糸』に主演経験者13人出演 榮倉奈々、斎藤工と四角関係に」『ORICON NEWS』oricon ME、2019年8月16日。2019年8月16日閲覧。
  9. ^ 松本穂香の主演作「みをつくし料理帖」に永島敏行、榎木孝明、鹿賀丈史が出演」『映画ナタリー』ナターシャ、2020年2月17日。2020年2月17日閲覧。
  10. ^ 永島敏行の農業バンザイ! すごいぞ秋田の農業 - ウェイバックマシン(2017年8月1日アーカイブ分)

外部リンク編集