メインメニューを開く

永島 敬三(ながしま けいぞう、1987年5月31日 - )は日本俳優。埼玉県出身。所属事務所はゴーチ・ブラザーズ、所属劇団は柿喰う客である。

ながしま けいぞう
永島 敬三
生年月日 (1987-05-31) 1987年5月31日(32歳)
出生地 埼玉県
身長 174cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2008年 -
公式サイト 公式プロフィール

目次

略歴編集

2008年、『真説・多い日も安心』で柿喰う客に初参加[1]

2009年9月、柿喰う客『悪趣味』で主演に抜擢される[1]

2011年、青山学院大学文学部卒(演劇研究会所属)。

2011年、柿喰う客メンバーに加入[1]

2013年6月、ゴーチ・ブラザーズ所属[2]

2014年8月、柿喰う客所属の深谷由梨香と結婚。

人物編集

特技:落語[注 1]、サッカー

柿喰う客代表中屋敷法仁曰く、「他の人が言うと、くどくなってしまう台詞も永島敬三くんが言うとすんなり流れる「無味無臭さ」が売り」[4][5]

兄が二人と年子の妹がいる。

主な出演作品編集

舞台編集

  • 柿喰う客『真説・多い日も安心』(2008年8月、東京 吉祥寺シアター
  • 劇団銀石『写楽コンプレックス』(2009年2月-3月、東京 タイニイアリス)
  • 柿喰う客『恋人としては無理JAPAN TOUR』(2009年3月、横浜・STスポット ほか)
  • キレなかった14才♡りたーんず -『学芸会レーベル』(作・演出:中屋敷法仁)(2009年4月-5月、東京 こまばアゴラ劇場
)
  • キリンバズウカ『スメル』(2009年7月、東京 王子小劇場
  • 柿喰う客『悪趣味』(2009年9月、東京 シアタートラム)
  • ひょっとこ乱舞『モンキー・チョップ・ブルックナー!!』(作・演出:広田淳一)(2009年12月、東京 シアタートラム)
  • 国分寺大人倶楽部『ガールフレンド』(作演出:河西裕介)(2010年1月、東京 王子小劇場)
  • 花ざかりのオレたちです。『三五大切』(脚本演出:山本卓卓)(2010年3月、東京 王子小劇場 ほか
)
  • ひょっとこ乱舞『水』(作演出:広田淳一)(2010年6月-7月、東京 吉祥寺シアター)
  • キリンバズウカ『ログログ』(2010年8月、東京 シアタートラム
)
  • 柿喰う客『The Heavy User』(2010年2月、東京 仙行寺 ほか)
  • カムヰヤッセン『やわらかいヒビ』(2010年10月、三鷹市芸術文化センター星のホール)
  • 夏葉亭一門会Vol.1(2011年2月2日、東京 王子小劇場)- 演目:「子ほめ
  • 柿喰う客『ながぐつをはいたねこ』(2011年2月、三重県文化会館小ホール ほか)
  • 柿喰う客『流血サーカス』(2011年3月、新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ)
  • オーストラ・マコンドー『東京の空に』(2011年4月、東京・王子小劇場)
  • 夏葉亭一門会Vol.2(2011年5月9日、東京・王子小劇場)- 演目:「金明竹
  • 範宙遊泳『うさ子のいえ』(2011年6月、東京 水天宮ピット大スタジオ)
  • キャラメルボックス×柿喰う客 アナザーフェイス『ナツヤスミ語辞典』(2011年8月、東京 新国立劇場 小劇場)- モモヤマ 役
  • 柿喰う客(日韓演劇交流プロジェクト)『検察官』(2011年11月、東京 こまばアゴラ劇場)
  • 夏葉亭一門会Vol.3(2011年12月5日、東京 王子小劇場)- 演目:「文七元結
  • 夏葉亭一門会Vol.4(2012年1月31日、東京 王子小劇場)- 演目:「金明竹
  • ひょっとこ乱舞『うれしい悲鳴』(作演出:広田淳一)(2012年3月、東京 吉祥寺シアター)
  • 柿喰う客(「PLAY PARK 2012」参加作品)永島敬三ひとり芝居『ときめきラビリンス』(2012年4月、東京)- 初演
  • オーストラ・マコンドー『くちづけ』(2012年4月、東京・スタジオあくとれ)
  • 柿喰う客(福岡演劇フェスティバル FFAC企画)『ゴーゴリ病棟』(2012年5月、福岡 ぽんプラザホール)
  • 東京ハートブレイカーズ『フィッシュストーリー Region-T』(脚本:瀬戸山美咲、演出:登米裕一)(2012年6月19日-24日、東京 テアトルBON BON)
  • monophonic orchestra『富裕』(2012年8月、新宿眼科画廊スペースO)[6]
  • 柿喰う客『無差別』(2012年9月、東京芸術劇場シアターイースト ほか)
  • 柿喰う客 リバイバルプロジェクト2012『傷は浅いぞ』(2012年11月、東京タワーフットタウン1F ほか)
  • 柿喰う客(学習院女子大学「pafe.GWC」参加作品)永島敬三ひとり芝居『ときめきラビリンス』(2012年11月25日、東京 学習院女子大学やわらぎホール)
  • 夏葉亭一門会Vol.5(2012年12月11日、東京 王子小劇場)- 演目:「子ほめ」、「井戸の茶碗
  • ゴーチブラザーズプレゼンツ『飛龍伝』(脚本:つかこうへい、演出:中屋敷法仁)(2013年1月23日-27日、東京 本多劇場)
  • 夏葉亭一門会Vol.6(2013年2月3日、東京 王子小劇場)- 演目:「文七元結
  • オーストラ・マコンドー『素晴らしき哉、人生!』(原作:フランク・キャプラ、演出:倉本朋幸)(2013年3月14日-20日、東京 吉祥寺シアター)[7] - ハリー・ベイリー 役
  • 夏葉亭一門会Vol.7(2013年4月2日-3日、東京 王子小劇場)- 演目:「金明竹」、「宿屋の仇討
  • 範宙遊泳『さよなら日本-瞑想のまま眠りたい-』(作演出:山本卓卓)(2013年5月4日-15日、横浜 STスポット)- 夫 役
  • キジムナーフェスタ『さまよう影』(2013年7月、沖縄)
  • キリンバズウカ『マチワビ』(脚本演出:登米裕一)(2013年9月19日-25日、東京芸術劇場シアターイースト)
  • 柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト『ながぐつをはいたねこ』(2013年9月-11月、茨城 ほか)
  • 柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト2013『へんてこレストラン』(2013年11月2日-3日、三重)
  • 夏葉亭一門会Vol.9(2013年11月25日、東京 王子小劇場)- 演目:「黄金餅
  • 『猿後家』(2013年12月11日-15日、恵比寿エコー劇場)(演出:北尾亘)
  • 柿喰う客 『世迷言』(2014年1月-2月、東京 本多劇場/ 2月、大阪 サンケイホールブリーゼ)
  • 夏葉亭一門会Vol.10(2014年2月19日、東京 王子小劇場)
  • 演劇のミナト新潟演劇祭プロデュース公演『恋する世阿弥』(2014年3月1日・2日、新潟 りゅーとぴあ能楽堂)(演出:中屋敷法仁)
  • Baobao第7回公演『TERAMACHI』(2014年5月30日-6月2日、武蔵野芸能劇場)(演出:北尾亘)
  • 『最後のサムライ』(2015年3月4日-15日、天王洲銀河劇場、脚本・岡本貴也、演出・イヴァン・キャブネット)- 秋月悌次郎

テレビドラマ編集

その他編集

  • TVCM『大正漢方胃腸薬』(2013年7月)[8]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 小劇場俳優によるユニット、「夏葉亭一門」に属し、夏葉亭雛菊(なつばてい ひなぎく)という名前で落語の活動もしている[3]

出典編集

外部リンク編集