メインメニューを開く

永島 達司(ながしま たつじ, 1926年4月26日 - 1999年5月2日)は、日本初のプロモーター。1953年に「新々プロダクション」を設立。1957年に社名を協同企画(現・キョードー東京)に変更[1]

戦後の海外アーチストの日本公演を手掛けた第一人者であり、ナット・キング・コールベンチャーズルイ・アームストロングベニー・グッドマンシュープリームズスティービー・ワンダーレッド・ツェッペリンアンディ・ウィリアムスサイモンとガーファンクルをはじめ、ビートルズを日本に呼んだプロモーターとして知られる[2][3]。海外ではタッツ・ナガシマの愛称で呼ばれた[2]

目次

生涯編集

1926年4月26日、神奈川県保土ヶ谷に5人兄弟姉妹の次男として生まれる。三菱銀行勤務であった父・忠雄の転勤に伴い、2歳でニューヨークに移り住む。4歳でロンドンに移り、8歳の時に一時帰国したが[4]、12歳の時に父親がニューヨーク支店長となり再びニューヨーク州ウエストチェスターに。 当時、アメリカのルーズベルト大統領が、在来の日本人や日系移民への圧迫を強めていた時期であったが、アメリカ東部の住宅街では、日本人を差別することもなかった。永島は身長も高い方であったので、クラスメートにいじめられた記憶はないという。この少年時代に、ジャズやポピュラー音楽と出会い、夢中になる。15歳の時(太平洋戦争開戦の4ヶ月前・1941年8月)に帰国[5]

終戦後の1945年、永島が早稲田第一高等学院(旧制)3年生の時、路上で進駐軍のトラックに呼び止められ、ビールの醸造所に案内したのがきっかけで、ホテルの進駐軍将校用クラブで通訳を始め、その後GI向けの芸能担当となる[6]。永島の流暢で美しい英語が米兵の間で評判になり、ジョンソン基地・将校クラブの支配人になる。この時期に、日本人ジャズシンガーのマネジメントを行っている[7]早稲田大学法学部卒業(基地でアルバイトをしていた時期に、理工学部から転学)。

1952年、永島はジョンソン基地の将校クラブを退職し、アメリカ人の知人2人と、進駐軍のクラブにミュージシャンを斡旋するSNプロダクションを始める[8]。 1957年には協同企画(現・キョードー東京)を設立。設立後、ナット・キング・コールビートルズ[9]エルトン・ジョンマイケル・ジャクソンなど大物ミュージシャンを呼び、興行を成功させている。1962年には洋楽専門の著作権管理会社「大洋音楽」を設立し社長を兼任。業界の第一人者としての立場を確立した後も表舞台に出ることなくミュージシャンへの接待に徹している。ビジネスライクなプロモーターが多いなか、私生活面でも面倒見がよいことから海外ミュージシャンから高い評価を得た[10]。永島は、仕事で知り合った外国人タレントに「タツの英語はエリザベス女王みたいだ」と言われるほどの完璧で上品な発音の英語を話す。身長も180cmを超える長身で、彫りの深い顔立ちで美男子であった。アメリカ人からは「ハンガリー系なのか」と質問される事もあったという[11]

生前「向こうの曲に日本語の歌詞をのせたものには昔、すごく違和感持ってたんですけど、ジャズ・ブームのころに日本語で歌った江利チエミ雪村いづみは売れたわけだし、ビートルズを日本風にアレンジしたGSも支持されましたよね。フォークだって吉田拓郎や、ロックではサザンオールスターズとか、オリジナルなものを日本ぽく、極端にいえば演歌っぽく仕立てたアーティストが日本では売れる。逆に言えば技術的な面では海外でもひけはとらないが、言葉が障害になってるということですね。僕も生きてる間に日本の音楽が世界的にはやるのを見てみたいですね」と話していた[4]

1995年、俳優の本木雅弘と也哉子(ミュージシャン・内田裕也と女優・樹木希林夫妻の娘)夫妻の仲人を務めた[12]。1998年6月8日、ロンドンでのセント・マーティン教会で行われたリンダ・マッカートニーポール・マッカートニーの妻)を追悼するメモリアル・サービスには、日本人では永島だけが招待された[13][14]。1999年5月2日、肺炎により73歳で死去。(ポール・マッカートニーは永島の妻に手紙を送っている)[15]

家族編集

父親の永島忠雄は東大法科卒業後、大正7年に三菱合資入社、三菱銀行の取締役まで務めたのち、昭和24年に三菱海運に移り[16]、社長となった。妻は1953年3月28日に結婚した女優藤田泰子(泰子は映画界を引退)[17]。子にトムとジョージ[18]

脚注編集

  1. ^ 野地秩嘉 1999年、16頁。
  2. ^ a b Tatsuji "Tats" Nagashima Billboard 29 May 1999
  3. ^ 集英社編「ビートルズはこうして日本へやって来た」『週刊明星・臨時増刊 ビートルズ来日記念デラックス号』集英社、1966年6月25日号(No.25)。71-75頁。
  4. ^ a b 村田久夫・小島智 1999, pp. 17-20.
  5. ^ 野地秩嘉 1999年、41-46頁。
  6. ^ The Untold Story Of How Star Started Oscar TrailThe Evening Independent - Jun 19, 1963
  7. ^ 野地秩嘉 1999年、46-48頁。
  8. ^ 野地秩嘉 1999年、64頁。
  9. ^ 「ビートルズ来日完全レポート」『音楽専科 THE BEATLES CATALOG』音楽専科社、1976年4月増刊号。23-37頁。
  10. ^ Talent Scene Has ChangedBillboard 19 Dec 1970(日本特集号)
  11. ^ 野地秩嘉 1999年、31頁。
  12. ^ 野地秩嘉 1999年、316-320頁。
  13. ^ 野地秩嘉 1999年、309-314頁。
  14. ^ THE SUN, the United Kingdom: News International, 1998.june.9, pp. 1, 4-5.
  15. ^ 野地秩嘉 1999年、323頁。
  16. ^ 平井岳哉「シニア経営者によるグループ企業間調整」 『経営史学』第28巻第4号1994284より「1959年における主な三菱系企業トップマネジメント層のキャリア」宇田川勝「戦後型企業集団の形成活動-三菱グループ・石黒俊夫/三井グループ・江戸英雄-」(日本の企業家活動シリーズ No.31)、法政大学イノベーション・マネジメント研究センター、2002.10.16
  17. ^ 野地秩嘉 1999年、59-65頁。
  18. ^ LifelinesBillboard 29 May 1999

参考文献編集

  • 野地秩嘉『ヤァ!ヤァ!ヤァ!ビートルズがやって来た―伝説の呼び屋・永島達司の生涯』幻冬舎、1999年10月10日。ISBN 4-87728-327-7
  • 村田久夫・小島智編『日本のポピュラー史を語る―時代を映した51人の証言』シンコーミュージック、1999年10月14日。ISBN 4-401-613-40-6

関連項目編集

外部リンク編集