Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1.新駅舎内部
2.京福電鉄・東古市駅時代の構内の画像提供をお願いします。2015年3月

永平寺口駅(えいへいじぐちえき)は、福井県吉田郡永平寺町東古市にあるえちぜん鉄道勝山永平寺線である。旧駅舎[1]、旧京都電燈古市変電所[2]は国の登録有形文化財に登録されている。

永平寺口駅
永平寺口駅 駅舎
永平寺口駅 駅舎
えいへいじぐち
Eiheiji-Guchi
志比堺 (1.6km)
(1.0km) 下志比
所在地 福井県吉田郡永平寺町東古市9-85-2
駅番号 E12
所属事業者 えちぜん鉄道
所属路線 勝山永平寺線
キロ程 10.9km(福井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1914年大正3年)2月11日
備考 有人駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

駅構造編集

2014年4月10日国道416号に面した場所(旧駅舎の反対側)に駅舎が新築[6]され、改札口とホーム間は踏切連絡となった。この改札から近い順に島式ホーム1面2線・単式ホーム1面1線の3線を有する地上駅となっている。通常使用されるのは駅舎側の島式ホーム1面2線であり、旧駅舎に面している単式ホームは平日朝の2本運行される当駅始発の福井行き列車のみ使用している。京福電鉄が営業禁止になる前は京福電気鉄道永平寺線の永平寺方面の列車が使用していた。有人駅となっている。

旧駅本屋は1914年(大正3年)の開業時に建てられたもので、新駅舎の完成後は、改装の上地域交流館として使用されている。

新駅舎工事前は京福永平寺線が当駅と金津駅(現在の芦原温泉駅)との間を運行していた頃のプラットホームが残っていた。

永平寺線があったころは、車両の夜間滞泊が設定されていたが、2015年(平成27年)3月14日改正現在では、この駅で滞泊する運用はない。

駅周辺編集

曹洞宗大本山永平寺へ向かうにはこの駅で京福バス(永平寺行き・永平寺門前行き)に乗り換える。

  • バスのりば 「永平寺口駅前」停留所(駅舎前)
京福バス
82 丸岡・永平寺線
87 永平寺・東尋坊線
一部便は85 東尋坊線 あわら湯のまち駅(あわら市)、東尋坊三国港駅前三国駅、三国観光ホテル(坂井市三国町)へ直通
88 永平寺線
  • 永平寺ゆき
永平寺町コミュニティバス
  • 中地区・北地区循環 轟・栃原方面

永平寺線跡地が遊歩道永平寺参ろーど(えいへいじまいろーど)として整備されている[5]

その他編集

隣の駅編集

えちぜん鉄道
勝山永平寺線
快速(福井行きのみ運転)
松岡駅 - 永平寺口駅 - 山王駅
普通
志比堺駅 - 永平寺口駅 - 下志比駅

かつて存在した路線編集

京福電気鉄道
永平寺線(廃止)
鳴鹿駅 - 東古市駅 - 諏訪間駅

脚注編集

  1. ^ 文化遺産オンライン えちぜん鉄道永平寺口駅本屋”. 文化庁. 2015年4月4日閲覧。
  2. ^ 文化遺産オンライン 旧京都電燈古市変電所”. 文化庁. 2015年4月4日閲覧。
  3. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1926年12月7日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ えちぜん鉄道(旧)永平寺口駅”. 永平寺町観光物産協会. 2015年4月4日閲覧。
  5. ^ a b 平成26年度 第1回えちぜん鉄道活性化連携協議会 報告事項資料(社会資本整備総合交付金事業 永平寺地区)”. えちぜん鉄道活性化連携協議会. 2015年4月4日閲覧。
  6. ^ 北陸の私鉄「北陸の駅News」

関連項目編集

外部リンク編集