永田実 (ジャーナリスト)

永田 実(ながた みのる、1934年12月3日 - 1991年11月2日)は、日本ジャーナリスト

静岡県浜松市出身[1]。自宅は千葉県船橋市東中山[2]

慶應義塾大学経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。モスクワ支局やロンドン支局で国際報道の経験を積んだ後、同社の論説委員を経て、1988年から論説副主幹を務めた。

1989年に大病のため手術を受けて以来、自宅療養を続けていたが[3]1991年11月2日午前8時8分、心不全のため虎の門病院東京都港区)で死去[2]。56歳。同月4日、葬儀が営まれた[4]

略歴編集

著書編集

単著編集

  • 『ボルシチの味――小説・モスクワ特派員のソ連観察』サイマル出版会、1975年。
  • 『イワンのそろばん――ソ連経済ざっくばらん』日本経済新聞社〈朝日常識講座 第9〉、1976年。
  • 『謎ときもめごとの世界地図――技術・戦略・政治』日本経済新聞社、1985年10月24日。ISBN 9784532093921
  • 『ルーブル――ソ連の国際経済戦略』教育社〈ワールドブックス〉、1986年2月。ISBN 9784315502411
  • 『ゴルバチョフ「次の手」を読む――標的は日本』講談社、1988年12月1日。ISBN 9784062028226
  • マーシャル・プラン――自由世界の命綱』中央公論社中公新書〉、1990年5月25日。ISBN 978-4121009715

訳書編集

共訳書編集

  • 稲田晃久 共著『観測・中ソの経済改革――成功するか歴史的大実験』日本経済新聞社、1988年10月1日。ISBN 9784532088606

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『現代物故者事典 1991~1993』 日外アソシエーツ、1994年5月25日、427頁。
  2. ^ a b c d e 「永田 実(ながた・みのる=日本経済新聞社論説副主幹)」 1991年11月2日付け日本経済新聞夕刊、11面。
  3. ^ 『マーシャル・プラン――自由世界の命綱』 中央公論社中公新書〉、1990年5月25日、まえがき。
  4. ^ 「故永田実氏(日本経済新聞社論説副主幹)の告別式」 1991年11月3日付け日本経済新聞、35面。
  5. ^ a b c d e f 『マーシャル・プラン――自由世界の命綱』 中央公論社〈中公新書〉、1990年5月25日、著者紹介。
  6. ^ 「第17期 国語審議会委員名簿」(文化庁ホームページ内)
  7. ^ 「第18期 国語審議会委員名簿」(文化庁ホームページ内)。

参考文献編集