メインメニューを開く

永興(えいこう)は、南北朝時代北魏において、孝武帝の治世に使用された元号である。532年12月。

北魏では明元帝の時代にも永興が使用されており、同一王朝で重複した年号を使用した例である。


西暦・干支との対照表編集

永興 元年
西暦 532年
干支 壬子

関連項目編集