メインメニューを開く

永藤 英機(ながふじ ひでき、1976年昭和51年)7月13日[2] - )は、日本政治家大阪府堺市長(第22代)。

永藤 英機
ながふじ ひでき
生年月日 (1976-07-13) 1976年7月13日(43歳)[1]
出生地 日本の旗 兵庫県芦屋市
出身校 大阪府立大学経済学部
前職 大阪府議会議員
システムエンジニア
所属政党 大阪維新の会
公式サイト 永藤英機 公式サイト

Flag of Sakai, Osaka.svg 第22代 堺市長
当選回数 1回
在任期間 2019年6月10日 - 現職

当選回数 2回
在任期間 2011年4月 - 2017年8月8日
テンプレートを表示

大阪維新の会に所属し、元大阪府議会議員(2期)[3][4][5]

目次

来歴・人物編集

兵庫県芦屋市生まれ。1999年平成11年)大阪府立大学経済学部卒業。SI企業「オービック」でシステムエンジニアとして勤務。親の転勤で幼少期、小学2年生から4年生にかけ住んでいた泉北ニュータウン[6]のある堺市堺区選挙区から2011年(平成23年)、統一地方選挙大阪府議会議員に初出馬し初当選。2015年(平成27年)の統一地方選挙で再選された。2019年(平成31年)4月7日投開票の大阪府知事選挙では、吉村洋文大阪府知事候補の事務局長を務めた[7]

2017年堺市長選挙編集

2017年9月の堺市長選大阪維新の会公認で立候補するが、現職の竹山修身自由民主党民進党社会民主党日本のこころ推薦)に敗れ、落選。この時点で政界引退を表明した。

2019年堺市長選挙編集

2019年4月22日に竹山市長が自らの政治資金疑惑を理由に市長辞職届を提出したのを受け、大阪維新の会は再び永藤を市長候補へ擁立することを決めた[8]。これを受けて永藤は5月7日に記者会見を開き、政界引退を撤回し市長選へ出馬することを表明した[9]

同年6月9日の投開票の結果、無所属野村友昭(元自民党堺市議会議員)らを破り、当選。翌日6月10日に市長に就任。政令指定都市市長では千葉県千葉市長熊谷俊人に次ぎ2番目に若い市長となった。

政策編集

永藤のマニフェストによれば、まず堺の成長のための3つの柱(①堺の成長戦略、②自治機能の強化による住民サービスの拡充、③民間にできることは民間で)を掲げ、次に周辺7項目(①実感できる子育て・教育のまち、②誰もが安心して暮らせるまちに、③住んでよかったと実感できる堺に、④『堺の活気』を感じるまちに、⑤次世代交通網の整備を実現、⑥市民の常識を市役所に、⑦将来の堺のために)ごとに政策を提言している[10]

2019年6月、特別職の給与月額を7月から5%から30%カットする条例案を臨時の市議会に提出すると発表した。市長は30%、副市長が15%、教育長が7%のカットとなっている。竹山前市長は2012年7月から給与の20%をカットしており、2017年12月以降は50%カットとしていたためそれよりは高くなる見通しである[11]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
竹山修身
  大阪府堺市
第22代:2019年 -
次代:
(現職)