メインメニューを開く

永見 文雄(ながみ ふみお、1947年4月29日 - )は、フランス文学者、中央大学教授。

鳥取県境港市生まれ。1972年東京大学教養学部教養学科フランス科卒、78年同大学院仏文科博士課程中退、74-77年パリ第8大学で学ぶ。東京大学文学部助手、1981年中央大学文学部講師、84年助教授、90年教授[1]。2006-2008年パリ国際大学都市日本館館長[2]ルソーなど18世紀文学が専門。

著書編集

共編編集

  • 『ルソーと近代 ルソーの回帰・ルソーへの回帰 ジャン=ジャック・ルソー生誕300周年記念国際シンポジウム』三浦信孝,川出良枝共編 風行社 2014

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『ジャン=ジャック・ルソー』著者紹介

外部リンク編集