メインメニューを開く
1848年第一回汎スラヴ会議で制定された三色旗

汎スラヴ色(はんスラヴしょく)とは、スラヴ民族および、スラヴ諸国の旗に用いられる赤、青、そして白色からなる配色のことをさす。

目次

概要編集

この配色は自由と革命の理想を象徴しており、非スラヴ系においても国旗として使用する国もある(フランスオランダ等)。

汎スラヴ色はスラヴ民族の共通の起源を象徴するものとして、第一回汎スラヴ会議1848年)に提案された。もともとはロシア帝国の三色旗を端緒としており、これが19世紀ヨーロッパにおける汎スラヴ運動に採用された。(ロシアの国旗も参照。)フランストリコロール発祥の三色旗とは異なり、汎スラヴ主義の三色は横分けで配置するのが原則である。

モンテネグロの国旗も2004年に変更されるまでは汎スラヴ色が使用されていた。

現在使用されている汎スラヴ色の旗編集

かつて使用されていた汎スラヴ色の旗編集

関連項目編集