汐入駅

日本の神奈川県横須賀市にある京浜急行電鉄の駅

汐入駅(しおいりえき)は、神奈川県横須賀市汐入町二丁目にある、京浜急行電鉄本線である。駅番号KK58

汐入駅
Shioiristn.jpg
汐入駅(2005年5月)
しおいり
Shioiri
(横須賀芸術劇場)
KK57 逸見 (1.1km)
(0.7km) 横須賀中央 KK59
所在地 神奈川県横須賀市汐入町二丁目41
駅番号 KK58
所属事業者 京浜急行電鉄
所属路線 本線
キロ程 49.2km(品川起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
21,514人/日
-2018年-
開業年月日 1930年昭和5年)4月1日*
* 駅名改称:
1940年(昭和15年)10月1日 - 横須賀軍港→横須賀汐留
1961年(昭和36年)9月1日 - 横須賀汐留→汐入
テンプレートを表示
汐入駅(2016年6月10日撮影)

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。ホームの大部分は盛土上にあり、浦賀方にはトンネルが隣接している。

改札は1か所で、ホームへは階段のほかエレベーターが設置されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   本線 下り 横須賀中央三浦海岸方面
2 上り 横浜品川方面

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員21,514人であり[3]、京急線全72駅中32位。

近年の1日平均乗降人員と乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[4]
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員[6]
出典
1995年(平成07年) 13,222 [* 1]
1998年(平成10年) 13,174 [* 2]
1999年(平成11年) 12,641 [* 3]
2000年(平成12年) 12,233 [* 3]
2001年(平成13年) 12,139 [* 4]
2002年(平成14年) 24,766 12,067 [* 5]
2003年(平成15年) 25,069 12,090 [* 6]
2004年(平成16年) 24,471 11,846 [* 7]
2005年(平成17年) 24,093 11,602 [* 8]
2006年(平成18年) 24,035 11,585 [* 9]
2007年(平成19年) 23,806 11,489 [* 10]
2008年(平成20年) 23,512 11,444 [* 11]
2009年(平成21年) 23,074 11,216 [* 12]
2010年(平成22年) 22,210 10,823 [* 13]
2011年(平成23年) 22,081 10,755 [* 14]
2012年(平成24年) 22,078 10,775 [* 15]
2013年(平成25年) 22,239 10,831 [* 16]
2014年(平成26年) 22,041 10,724 [* 17]
2015年(平成27年) 22,127 10,767 [* 18]
2016年(平成28年) 21,792 10,612 [* 19]
2017年(平成29年) 21,588
2018年(平成30年) 21,514

駅周辺編集

 
メルキュールホテル横須賀
 
汐入大通り会

横須賀市の中心市街地の西側に位置する。

駅周辺は古くからの歴史を持つ商店街がある山側と再開発地区の海側に大きく分かれる。再開発地区は住友重機械工業横須賀分工場跡と在日アメリカ海軍兵員クラブ(EMクラブ)跡を1980年代半ばから再開発された新しい街区である。

ショッパーズプラザ横須賀横須賀芸術劇場メルキュールホテル横須賀など横須賀を代表する施設が立ち並んでいる。一方山側にはどぶ板通りや汐入大通り会などの商店街や住宅地が立ち並ぶ。

バス路線編集

駅前にはバスターミナルが整備されており、周辺の住宅地や三浦半島中央部への路線が発着する。また国道16号線上、徒歩2分ほどのところに「汐留」バス停があり、横須賀市北部・東部・西部方面への路線が発着する。当駅始発・終着の路線もあるが、大半の路線は横須賀駅をターミナルとしている。汐留の方が発着本数や系統は多いが、それらの路線と京急線との乗り継ぎは快特停車駅の横須賀中央駅で行われる場合が多い。発着路線について詳細は京浜急行バス衣笠営業所を参照。

1番乗り場
池上線 - 池上十字路・衣笠駅方面
2番乗り場
湘南国際村線 - 池上十字路・湘南国際村方面
3番乗り場
西来寺循環 - 西来寺・鶴ヶ丘方面
4番乗り場
横須賀駅行き各線
池上線 - 横須賀中央駅・安浦二丁目方面
汐留
横須賀駅#路線バスを参照。

その他編集

アニメ『たまゆら〜hitotose〜』の劇中に同駅と汐入の街が登場することから、2011年10月に同駅でアニメオリジナル切符の発売や、主人公の沢渡楓役の声優を務めた竹達彩奈が同駅の1日駅長に就任し、駅アナウンス、駅案内などのプロモーションを行うなどのイベントが行われた[7][8]

隣の駅編集

京浜急行電鉄
  本線
「モーニング・ウィング号」・京急ウィング号」・快特
通過
特急
追浜駅 (KK54) - 汐入駅 (KK58) - 横須賀中央駅 (KK59)
普通
逸見駅 (KK57) - 汐入駅 (KK58) - 横須賀中央駅 (KK59)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “沿線地域の活性化を目的に2020年3月 4駅の駅名を変更します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2019年1月25日), p. 2, オリジナルの2020年3月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200309182021/https://www.keikyu.co.jp/resource_pastnews/pdf/company/news/2018/20190125HP_18229TS.pdf 2020年3月9日閲覧。 
  2. ^ “特集)京急開業120年 仲木戸駅誕生から115年 生まれ変わった京急6駅 歴史と全駅ビフォア&アフター”. ヨコハマ経済新聞. (2020年3月14日). オリジナルの2020年3月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200320053807/https://www.hamakei.com/column/316/ 2020年3月27日閲覧。 
  3. ^ 京急グループ会社要覧 2019 - 2020 (PDF)”. 京浜急行電鉄. p. 35. 2019年12月31日閲覧。
  4. ^ 横須賀市統計書 - 横須賀市
  5. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  6. ^ 神奈川県県勢要覧 - 神奈川県
  7. ^ 京急、TVアニメ「たまゆら」切符販売-汐入駅でアニメ主人公のアナウンスも - 横須賀経済新聞 2011年10月04日 2012年3月26日閲覧
  8. ^ 「たまゆら」×「京急電鉄」タイアップ企画! たまゆら~hitotose~記念きっぷ発売 - 京浜急行電鉄 2011年9月26日 2014年4月5日閲覧

出典編集

神奈川県県勢要覧

関連項目編集

外部リンク編集

  • 汐入駅(各駅情報) - 京浜急行電鉄