メインメニューを開く

汚れっちまった悲しみに

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

汚れっちまった悲しみにとは、

汚れっちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる 汚れっちまった悲しみに 今日も風さえ吹きすぎる

汚れっちまった悲しみは たとえば狐の革裘かわごろも※1 汚れっちまった悲しみは 小雪のかかってちぢこまる

汚れっちまった悲しみは なにのぞむなくねがうなく 汚れっちまった悲しみは 懈怠けだい※2のうちに死を夢ゆめむ※3

汚れっちまった悲しみに いたいたしくも怖気おじけづき 汚れっちまった悲しみに なすところもなく日は暮れる……

※1 革裘かわごろも:皮衣。毛皮で作った防寒用の衣。

※2 懈怠けだい:なまけ、おこたること。怠慢。「けたい」、または「げたい」とも読む。

※3 夢ゆめむ:[自上二]「夢見る」に同じ。