メインメニューを開く

江井ヶ嶋酒造株式会社(えいがしましゅぞう)は兵庫県明石市大久保町に本社を置く日本の酒類メーカーである。

江井ヶ嶋酒造株式会社
Eigashima Shuzo Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
674-0065
兵庫県明石市大久保町西島919番地
北緯34度40分50.6秒 東経134度54分20.2秒 / 北緯34.680722度 東経134.905611度 / 34.680722; 134.905611座標: 北緯34度40分50.6秒 東経134度54分20.2秒 / 北緯34.680722度 東経134.905611度 / 34.680722; 134.905611
設立 1888年5月13日
業種 食品
法人番号 5140001034581
事業内容 日本酒・焼酎・洋酒等の製造販売
代表者 取締役社長 平石幹郎
資本金 3,300万円
従業員数 約41名
外部リンク http://www.ei-sake.jp/
特記事項:東京支店は東京都世田谷区砧4-2-12に所在する。
テンプレートを表示
本社工場
社屋
製品 ウイスキー「あかし」

清酒「神鷹」の醸造元として知られる。一方でシングルモルトウイスキー「あかし」、ブレンデッドウイスキー「ホワイトオークウィスキー」や「シャルマンブランデー」「シャルマンワイン」などの洋酒も製造している。

概要編集

播磨平野の良質な米と水に恵まれていた明石では、江戸時代初期より灘五郷の影響を受けて、西部方面で酒造りが盛んに行われていた。その中でも、旧家卜部家5代目の卜部八兵衛の弟卜部兵吉が、独立して自ら酒造業を営むようになり事業を拡大させた。当時はまだ資本主義の創成期にあった日本では模造品の横行が著しかった。日本酒も例外ではなく、有名酒のラベルのみを瓶に貼り付けた模造品が数知れず出回った為、同社は先んじて現在の日本酒の容器である一升瓶の製造工場を造り、模造品の出荷を抑えることに成功したことでも知られている。従来から「日本酒メーカーは、日本酒のみをつくるにあらず」という思考を持ち続けており、蒸留工場を完成させ「ホワイトオーク」ウイスキー、「シャルマンブランデー」といった洋酒部門にも進出。なおシングルモルトウイスキーの蒸溜所としては日本最西端に位置する。

沿革編集

  • 1888年(明治21年)- 江井ヶ嶋酒造を設立。
  • 1894年(明治27年)- 「百合正宗」を商標登録。
  • 1895年(明治28年)- 「神鷹」を商標登録。
  • 1899年(明治32年) - 現在の日本酒の容器である一升瓶の製造工場を造る。
  • 1919年(大正8年)- ウィスキー蒸留工場が完成。
  • 1963年(昭和38年)- 山梨県北杜市にワイナリーが竣工。「シャルマンワイン」を発売。
  • 1981年(昭和56年)- 大分酒造株式会社の事業を継承し、大分県に醸造所を開設。
  • 2007年(平成19年)3月 - 大分県の醸造所を閉鎖。同機能は明石へ移管。引き続き「大和魂」「福寿天泉」などの麦焼酎を製造。

その他編集

  • 1952年(昭和27年)、明石でキャンプ中だった巨人軍水原監督以下、多くの選手が工場に招待され「神鷹」の利き酒を楽しんだ。そのお礼として当時の選手全員によるサインが寄贈されており、同社の資料館に保存されている。(工場見学の際に見ることができる)
  • 長年に渡り、西日本旅客鉄道山陽本線明石駅の駅前には、同社から発売されている清酒「神鷹」のネオンサインが存在する。

受賞歴編集

全国新酒鑑評会
  • 「神鷹」金賞受賞 - 2017年(平成29酒造年度)[1]
  • 「神鷹大吟醸35」金賞受賞 -2018年(平成30酒造年度)[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成29酒造年度全国新酒鑑評会入賞酒目録 (PDF)”. 独立行政法人酒類総合研究所. p. 9 (2018年5月17日). 2019年10月22日閲覧。
  2. ^ 平成30酒造年度全国新酒鑑評会入賞酒目録 (PDF)”. 独立行政法人酒類総合研究所. p. 9 (2019年5月17日). 2019年10月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、江井ヶ嶋酒造に関するカテゴリがあります。