江代 充(えしろ みつる、1952年12月20日 - )は、日本詩人

人物編集

静岡県生まれ。広島大学教育学部卒。筑波大学附属聴覚特別支援学校教諭を務める[1]。1995年粕谷栄市高貝弘也法橋太郎と「幽明」創刊。1996年、詩集『白V字 セルの小径』で第1回中原中也賞候補。2020年、詩集『切抜帳』で高見順賞受賞[2]

著書編集

  • 『公孫樹』青土社, 1978
  • 『昇天貝殻敷』書肆山田, 1983
  • 『みおのお舟』書肆山田, 1989
  • 『白V字セルの小径』書肆山田, 1995
  • 『黒球』書肆山田, 1997
  • 『梢にて』書肆山田, 2000
  • 『隅角ものかくひと』思潮社, 2005
  • 『江代充詩集』(現代詩文庫 思潮社, 2015
  • 『切抜帳』思潮社, 2019

脚注編集

[脚注の使い方]