メインメニューを開く

江原 春義(えばら はるよし、1952年 - )は、日本社会起業家

目次

人物編集

NPO「R水素ネットワーク」代表理事。同NPOは、水のなかの水素と再生可能エネルギーによる持続可能なエネルギー「R水素」を提唱する団体である。 「R水素が広がることで、気候変動リスクの原因である二酸化炭素の発生を劇的に抑えるとともに、付随の環境問題が避けられない原子力なども無用になる。そして権益確保のための戦争・貧困・難民やストリートチルドレンの問題・少女売春・また必要以上に化石燃料に資金が使われる事で、本来回るべき教育や福祉へ充分な資金が回らない、社会格差など、大きなストレスを世界に与えている化石燃料社会から、命を最も大切にする公平な社会へシフトするトリガーになる」と主張している。

経歴編集

  • 1986年 - 妻であった女優早乙女愛と共に、自然化粧品ブランド「江原道 (KohGenDo) 」を創業。
  • 2002年 - 代表取締役を退任後、家族とともに渡米。そこで地球環境の危機的な状況に衝撃を受ける。その後、ハワイ州にてクリーンエネルギーであるR水素(再生可能水素)の存在を知る。
  • 2006年 - ハワイ州で水素関連の技術開発を行う「H2-technologies」を創業。
  • 2008年 - 日本に帰国。若者たちと共に世界中のクリエイティブなニュースを届けるWEBメディア「greenz.jp」を設立。
  • 2009年 - R水素社会の実現を促進するNPO「R水素ネットワーク」を設立。


出演等編集

  • スターツ出版株式会社 Metro Min. 特集:WorldShift vol.06 「WorldShift Actions」の会場より 2012年2月21日

“未来へのアクション”をプレゼンする 「WorldShift Actions」より

外部リンク編集