江原道 (南)

大韓民国実効統治範囲の北東部(朝鮮半島中東部)にある行政区画。

江原道(カンウォンド、こうげんどう、韓国語表記:강원도)は、大韓民国実効統治範囲の北東部(朝鮮半島中東部)にある行政区画。日本海に面している。

江原道
略称: 강원(Gangwon、カンウォン)
位置
江原道の位置
地図
江原道の地図
各種表記
ハングル: 강원도
漢字: 江原道
日本語読み仮名: こうげんどう
片仮名転写: カンウォン=ド
ローマ字転写 (RR): Gangwon-do
統計(2015年
面積: 16,873.51[1] km2
総人口: 1,518,040[2]
男子人口: 768,241 人
女子人口: 749,799 人
人口密度: 92.3 人/km2
世帯数: 611,578 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
下位行政区画: 7市11郡187邑面洞
ISO 3166-2: KR-42
行政区域分類コード: 32
江原道の木: チョウセンマツ
江原道の花: クロフネツツジ
江原道の鳥: タンチョウヅル
自治体公式サイト: 江原道
テンプレートを表示
江原道庁

軍事境界線北緯38度線)を挟んで、朝鮮民主主義人民共和国側にも同名の行政区画がある。

目次

概要編集

江原道の名は朝鮮八道江原道から引き継いだものである。名前のもととなった江陵原州はいずれも韓国側にある。

全体的にがちで平地などは少ない。鉄原などの内陸部は韓国で最も寒さが厳しい。の量が多く、日本長野県北部と気候が似ている。また、ジャガイモトウモロコシを特産品とするなど、北海道との共通点も見られる。

花崗岩地帯が比較的多い地域で、環境部の国立環境科学院が2011年と2012年に全国の住宅7885戸の室内でラドン濃度を測定したところ、その環境基準超過率が42.0%と全国で最も高かった[3]

ここ江原道に属する平昌郡旌善郡江陵市2018年平昌オリンピックパラリンピックの開催地である。同大会の開催に合わせ、東西方向の鉄道路線として京江線が建設された。

気候編集

気候は内陸部は韓国で最も寒冷で、夏は冷涼な一方、日本海沿岸部は海洋性気候となりそれほど厳しい寒さとはならない。しかし、降雪量の少ない韓国の中では最も雪が多い地方であり、江陵、束草、東海などでは1mを超える積雪を記録したこともある。

1月の平均気温江陵(0.3℃) 束草(-0.2℃) 太白(-4.9℃) 洪川(-5.6℃) 原州(-4.8℃) 春川(-4.5℃) 鉄原(-5.3℃)

8月の平均気温江陵(24.4℃) 束草(23.7℃) 太白(20.8℃) 洪川(24.0℃) 原州(24.5℃) 春川(24.3℃) 鉄原(24.0℃)

観光編集

雪岳山五台山などの景勝地なども多く、金剛山を含む江原道の北朝鮮統治区域から慶尚北道の北部にかけて、古くから知られた関東八景と呼ばれる8つの景勝地がある。

テレビドラマ冬のソナタ」等のロケ地として有名となった春川市がある他、その他の町や観光名所でも映画が撮影されるなど、映画・ドラマロケ地の観光に来る観光客が多くなっている。襄陽郡には襄陽国際空港がある。

また、炭坑跡地を活用した江原ランドリゾートにあるカジノは、韓国において唯一内国人でも(外国人も利用可)利用できるカジノとして知られている。

行政編集

  • 江原道知事
    • 第37代(民選6期):崔文洵최문순 、2014年7月1日~現在)
    • 第36代(民選5期):崔文洵(최문순 、2011年4月28日~2014年6月30日):2011年4月27日の補選で当選。李光宰前知事の残余任期を勤める。
    • 第35代(民選5期):李光宰이광재 、2010年7月1日~2011年1月27日):2010年6月2日の地方選挙で当選した。しかし同月11日、ソウル高等法院において政治資金法違反などの罪で懲役6ヶ月・執行猶予1年の判決を受け更に2011年1月に有罪が確定したため失職。[4][5]。同年4月27日に補欠選挙が行われた。
    • 第34代(民選4期):金振兟김진선2006年7月1日~2010年6月30日)
  • 道議会:44議席(地域区40+比例代表4)地域区は小選挙区制
出典:도의회구성(道議会構成)
党派別議席数(2016年8月12日現在)
合計 党派別内訳
セヌリ党 共に
民主党
無所属
合計 44 37 6 1
選挙別内訳 地域区 40 35 4 1
比例代表 4 2 2
出典:제6회 전국동시지방선거 당선인 각종통계(第6回全国同時地方選挙当選人各種統計)韓国中央選挙管理委員会歴代選擧情報システム(2016年8月12日閲覧)

行政区画編集

市部編集

  1. 春川市(韓国側江原道庁所在地)
  2. 原州市
  3. 江陵市
  4. 東海市
  5. 太白市
  6. 束草市
  7. 三陟市

郡部編集

  1. 洪川郡
  2. 横城郡
  3. 寧越郡
  4. 平昌郡
  5. 旌善郡
  6. 鉄原郡
  7. 華川郡
  8. 楊口郡
  9. 麟蹄郡
  10. 高城郡
  11. 襄陽郡

読みは大韓民国の地方行政区画を参照。

未収復地域編集

 
未収復江原道

韓国の江原道のうち、軍事境界線以北の北朝鮮実効支配地域に存在する、名目上の行政区画。以北五道委員会に属する郡守が置かれている。

北朝鮮の行政区画ではいずれも江原道に属する。なお、北朝鮮の江原道はこの他に咸鏡南道京畿道黄海道の一部を編入しているため、韓国の以北五道委員会における未収復江原道とは一致していない。

※金化郡・平康郡の軍事境界線以南の地域は、鉄原郡に編入されている。

読みは江原道 (北)を参照。

出身著名人編集

教育編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集