メインメニューを開く

江口 朴郎(えぐち ぼくろう、1911年3月19日 - 1989年3月15日)は、日本の西洋史学者。東京大学名誉教授。元日本学術会議会員、元歴史学研究会委員長。

人物編集

佐賀県生まれ。少年時代から神奈川県藤沢市(当時は藤澤町)鵠沼(現鵠沼桜が岡1丁目)に住み、神奈川県立湘南中学校から第一高等学校を経て、1933年東京帝国大学文学部西洋史学科卒業[1]。同大学院に進む。

1934年外務省嘱託。1941年姫路高等学校教授[2]。戦後鵠沼(現鵠沼橘2丁目)に帰り、1947年第一高等学校教授となる。この頃、湘南高校生時代の江藤淳石原慎太郎[3]葉山峻(藤沢市長、衆議院議員)らが出入りしていたというエピソードもある。妻久子は海軍士官古賀七三郎の娘で、その妻は江藤淳の従姉に当たる。1953年東京大学教授、1971年、定年退官ののち法政大学教授、津田塾大学教授を歴任。歴史学研究会委員長、日本学術会議委員、国際関係研究所長を務めるかたわら、多くの著書を著し、歴史学の叢書・全集の編纂を手がけた。マルクス主義史学の重鎮で、帝国主義論に基づいて現代世界をとらえた。原水協代表委員をはじめ、平和運動・社会運動にも積極的に関わり、いわゆる行動派知識人の代表格でもあった。

墓所は鵠沼万福寺。没後膨大な蔵書は藤沢市に寄贈され、「江口朴郎文庫」として藤沢市湘南大庭市民図書館で保管・公開されている。

著書編集

単著編集

  • 『戦争の歴史』(福村書店, 1951年)
  • 『帝國主義と民族』(東京大学出版会, 1954年/第2版, 1973年)
  • 『西洋史ものがたり』(筑摩書房, 1957年)
  • 『歴史の現段階』(東京大学出版会, 1958年)
  • 『世界史概説』(秀英出版, 1963年)
  • 『帝国主義の時代』(岩波書店, 1969年)
  • 『歴史学とマルクス主義』(青木書店, 1972年)
  • 『帝国主義時代の研究』(岩波書店, 1975年)
  • 『世界史における現在』(大月書店, 1980年)
  • 『現代史の選択――世界史における日本人の主体性確立のために』(青木書店, 1984年)
  • 『世界史の現段階と日本』(岩波書店, 1986年)

共著編集

編著編集

  • 『帝国主義と現代』(東京創元社, 1959年)
  • 『世界の歴史(14)第一次大戦後の世界』(中央公論社, 1962年/中公文庫, 1975年)
  • 『世界の名誉(52)レーニン』(中央公論社, 1966年)
  • 『ロシア革命の研究』(中央公論社, 1968年)
  • 『両大戦間の国際政治とアジア・アフリカ』(アジア経済研究所, 1973年)
  • 『民族の世界史(15)現代世界と民族』(山川出版社, 1987年)

共編著編集

家族 親族編集

編集

関連書籍編集

  • それでも地球は動く : 旧制姫高の教え子達がつづる江口朴郎先生追悼文集 旧制姫路高校江口朴郎先生追悼文集刊行委員会、1990年

関連項目編集