江口理代

江口 理代(えぐち まさよ、1976年2月5日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。宮崎県宮崎市出身。ニックネームはリー

江口 理代
Masayo Eguchi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-02-05) 1976年2月5日(41歳)
出身地 宮崎県宮崎市
ラテン文字 Masayo Eguchi
身長 173cm
体重 63kg
選手情報
愛称 リー
ポジション WS
指高 221cm
利き手
スパイク 303cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

中学校1年生からバレーを始め、宮崎日大高校から鹿屋体育大学を経て、鳥栖久光に所属するまでは高校の教員をしていた。久光製薬スプリングスではチーム屈指のマルチプレーヤーとして第8回Vリーグ優勝に貢献。2004年久光退団後、故郷宮崎県で会社勤めをしていたが、2005年当時のアリー・セリンジャー監督に請われてパイオニアレッドウィングスで現役復帰し、同年の第12回Vリーグ優勝に貢献した。

2006年全日本代表候補に選出されたが、膝の故障を理由に辞退している[リンク切れ]

2008年5月、パイオニアを退団し、現役引退した。

プレースタイル編集

攻守両面にわたって、全てのプレーにおいて高い水準で安定したパフォーマンスを披露する。派手さはないがチームにとって欠かすことのできないオールラウンドプレイヤーである。

人物・エピソード編集

  • 宮崎日大中入学当時、同校には女子バレー部員がいなかったが、ひとりきりでバレー部に入部し、付属高校の部員とともに練習をしていた。しかも、バレーを始めたのは中学1年からである。
  • 教員時代に熊本選抜のメンバーとして国体で優勝した経験がある[1]

球歴編集

  • 所属チーム履歴
宮崎日大中・高鹿屋体育大学久光製薬鳥栖(1999-2001年)→久光製薬(2001-2004年)→パイオニア(2005-2008年)

脚注編集

  1. ^ http://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/images/archives/01_kokutai.pdf (PDF, 国民体育大会競技記録集 513ページ)

外部リンク編集