メインメニューを開く

江口 英一(えぐち えいいち、1918年7月27日 - 2008年11月22日)は、日本の社会学者。

愛知県出身。1941年東京帝国大学経済学部卒。専修大学教授、北海道大学教授、日本女子大学教授、中央大学教授。1989年定年、名誉教授[1]。1982年「現代の「低所得層」―「貧困」研究の方法」で日本学士院賞受賞。1983年「現代の「低所得層」」で中央大学経済学博士。社会福祉、社会保障、貧困や日雇い労働者の問題を研究した[2]。経済学者・一橋大学名誉教授の江口英一(ひでかず、1929 - )は別人。

著書編集

  • 『現代の「低所得層」 「貧困」研究の方法』未来社 1979-1980

共編著編集

  • 『公的扶助制度比較研究』籠山京,田中寿共著 光生館 1968
  • 『社会福祉論』籠山京共著 光生館 社会福祉選書 1974
  • 山谷 失業の現代的意味』西岡幸泰加藤佑治共編著 未来社 専修大学社会科学研究叢書 1979
  • 『現代の労働政策』田沼肇内山昂共編著 大月書店 1981
  • 『社会福祉と貧困』編著 法律文化社 1981
  • 『現代の生活と「社会化」』相沢与一共編 労働旬報社 シリーズ・現代の労働と生活 1986
  • 『生活分析から福祉へ 社会福祉の生活理論』編著 光生館 社会福祉選書 1987
  • 『日本社会調査の水脈 そのパイオニアたちを求めて』編 法律文化社 1990
  • 『日本における貧困世帯の量的把握』川上昌子共著 法律文化社 2009

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 日本人名大辞典