江 宜樺(こう ぎか、ジアン・イーホア)は、台湾政治家中国国民党)。行政院長(首相)などを歴任。

江宜樺
Yi-Huah Jiang from VOA (1).jpg
生年月日 (1960-11-18) 1960年11月18日(59歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国台湾基隆市
所属政党 Emblem of the Kuomintang.svg中国国民党

中華民国の旗 行政院長(首相)
内閣 江宜樺内閣
在任期間 2013年2月18日 - 2014年12月8日
総統 馬英九

中華民国の旗 行政院副院長
内閣 陳冲内閣
在任期間 2012年2月6日 - 2013年2月18日
総統 馬英九
テンプレートを表示

経歴編集

1983年台湾大学政治学科を卒業後、政治学修士を取得。1993年にイェール大学アメリカ合衆国)にて政治学博士を取得。 その後、中央研究院研究員、台湾大学教授などを務めた[1]

2008年総統選挙において馬英九候補のマニフェスト作成にかかわり、これを機に政界入りした[2]。2008年5月から行政院研究発展考核委員会主任委員を務め、2009年には内政部長に就任。 2012年には行政院副院長に就任し、2013年2月、陳冲・行政院長の辞任に伴い、行政院長に昇格した。

2014年の台湾学生による立法院占拠においては、院長指示により警察当局の強制排除が行われた。同年11月の中華民国地方選挙で国民党が大敗した責任を取り行政院長の職を辞任する意思を明らかにした[3][4]

脚注編集

 中華民国
先代:
陳冲
  行政院長
2013年 - 2014年
次代:
毛治国
先代:
陳冲
  行政院副院長
2012年 - 2013年
次代:
毛治国
先代:
廖了以
 内政部長
2009年 - 2012年
次代:
李鴻源
先代:
施能傑
 研究発展考核委員会
主任委員
2008年 - 2009年
次代:
宋餘俠(代理)