江寧府(こうねいふ)は、中国にかつて存在した清代から民国初年にかけて、現在の江蘇省南京市一帯に設置された。

概要編集

887年光啓3年)、により潤州上元県昇州が置かれた。昇州は江南東道に属し、上元・句容溧水溧陽の4県を管轄した[1]

920年武義2年)、五代十国時代により昇州は金陵府に昇格した。937年昇元元年)、南唐により金陵府は江寧府と改称された。

975年開宝8年)、北宋により江寧府は昇州と改められた。1018年天禧2年)、昇州は江寧府に昇格した。1129年建炎3年)、南宋により江寧府は建康府と改称された。建康府は江南東路に属し、上元・江寧・句容・溧水・溧陽の5県を管轄した[2]

1277年至元14年)、により建康府は建康路と改められた。1329年天暦2年)、建康路は集慶路と改称された。集慶路は江浙等処行中書省に属し、録事司と上元・江寧・句容の3県と溧水州溧陽州の合わせて1司3県2州を管轄した[3]1356年朱元璋により集慶路は応天府と改められた。

1368年洪武元年)、により応天府は南京とされた。応天府は南直隷に属し、上元・江寧・句容・溧水・溧陽・高淳江浦六合の8県を管轄した[4]

1645年順治2年)、により応天府は江寧府と改称された。江寧府は江蘇省に属し、上元・江寧・句容・溧水・高淳・江浦・六合の7県を管轄した[5]

1912年中華民国により江寧府は南京府と改称された。

脚注編集

  1. ^ 新唐書』地理志五
  2. ^ 宋史』地理志四
  3. ^ 元史』地理志五
  4. ^ 明史』地理志一
  5. ^ 清史稿』地理志五