メインメニューを開く

江差テレビ・FM中継局(えさしてれびえふえむちゅうけいきょく)は、北海道檜山郡江差町五厘沢に置かれているテレビとFMラジオ放送の中継局である。

中継局概要編集

デジタルテレビ放送編集

 
江差中継局(デジタル)
リモコン
番号
[1][2]
放送局名 チャンネル
番号
[1][2]
空中線
電力
[1][2]
ERP 偏波面[1] 放送対象地域 放送区域
世帯数[1][2]
運用開始日[1]
1 HBC
北海道放送
29 10W 115W 水平偏波 北海道 約10,100世帯 2008年
12月19日
2 NHK
函館教育
13 110W 全国
3 NHK
函館総合
31 北海道
5 STV
札幌テレビ放送
16 115W
6 HTB
北海道テレビ放送
20
7 TVh
テレビ北海道
33
8 UHB
北海道文化放送
37

アナログテレビ放送編集

 
江差中継局(HBC)
 
江差中継局(STV)
 
江差中継局(HTB・UHB・TVh)
チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域内
世帯数
運用開始日
2 NHK
函館教育
映像100W/
音声25W
映像560W/
音声140W
垂直偏波 全国 - -
7 HBC
北海道放送
映像680W/
音声170W
北海道
9 NHK
函館総合
映像550W/
音声135W
11 STV
札幌テレビ放送
映像720W/
音声180W
22 TVh
テレビ北海道
映像1.3kW/
音声330W
水平偏波
24 HTB
北海道テレビ放送
26 UHB
北海道文化放送
映像1.35kW/
音声340W
  • 所在地: デジタルテレビ放送に同じ
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。
  • 草創期のテレビジョンの中継局開始時は室蘭局を遠距離受信していた(今も民放FMは同じ)。
  • アナログ送信波の再送信のための中継回線(エア受け)は3本あり、1本目は函館送信所から大沼中継局を通じての再送信(通常/2段)、2本目は函館送信所から厚沢部中継局を通じての再送信(予備/2段)、3本目は函館送信所からダイレクトでの再送信(予備/1段)ある(エア受けのため、悪天候等による中継回線切替時は、ダイバーシティ受信による受信先変更により、瞬間的な停波が生じることがある)。

FMラジオ放送編集

周波数 放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域内
世帯数
運用開始日
89.7MHz NHK
函館FM
100W 560W 垂直偏波 北海道 - -
  • 所在地: デジタルテレビ放送に同じ

出典・脚注編集

関連項目編集