江差追分えさしおいわけ)は北海道民謡渡島半島日本海沿岸に位置する桧山郡江差町が発祥の地である。

江戸時代中期以降に発生したとされている。信濃追分節に起源があるとするのが定説のようである。北海道指定の無形民俗文化財。「姥神大神宮渡御祭と江差追分」として北海道遺産に選定されている。 文部科学省からの中学校学生指導要領解説音楽編の鑑賞教材としても指定されている。

江差追分の特徴編集

〽カモメのなく音に ふと目を覚まし あれが蝦夷地の山かいな
江差追分・本唄

江差追分は上記の歌詞を伸ばしたり縮めたりしながら、2分50秒間ほどかけて歌う[1]。「こぶし」や「ゴロ」と呼ばれる装飾的な節回しが特徴となる。

発祥の経緯編集

 信濃国追分宿馬子唄が,北前船の船頭たちによって伝わったものと,越後松坂くずしが謙良節として唄われていたものが融合されたとされている。今の江差追分の原形として大成させたのは,寛永年間,南部国の出身で,謙良節の名手であった座頭の佐之市によるものであると云われている。  その後,歌い継がれる間に幾多の変遷を経て,浜小屋節や新地節など多くの流派が発生した。 1908年(明治41年)に,追分節の統一を図る動きが生まれ,追分節正調研究会が発足し,各派の師匠たちが論議を重ねた結果,正調追分節の基礎が固まった。 

江差追分全国大会編集

1963年(昭和38年)、江差追分の振興・継承を目的として、第一回江差追分全国大会が開催された[2]。その後大会は一年に一度、毎年9月に江差町で開かれ、全国の江差追分会支部の予選を勝ち抜いてきた出場者が、日本一を目指して熱唱している。

歴代の優勝者

  • 一般の部

 第1回(昭和38年) 近江八声

 第2回(昭和39年) 小笠原次郎

 第3回(昭和40年) 房田勝芳

 第4回(昭和41年) 松村守治

 第5回(昭和42年) 市戸脩

 第6回(昭和43年) 青坂満

 第7回(昭和44年) 杉野忠勝

 第8回(昭和45年) 山本ナツ子

 第9回(昭和46年) 米川美代子

 第10回(昭和47年) 石田盛一

 第11回(昭和48年) 渡部章子

 第12回(昭和49年) 渋田義幸

 第13回(昭和50年) 高清水勲

 第14回(昭和51年) 越中谷順平

 第15回(昭和52年) 浅沼春義

 第16回(昭和53年) 長谷川富夫

 第17回(昭和54年) 萩原克彦

 第18回(昭和55年) 澤口一雄

 第19回(昭和56年) 国下喜代子

 第20回(昭和57年) 濱塚良幸

 第21回(昭和58年) 佐々木潔志

 第22回(昭和59年) 上林捷二

 第23回(昭和60年) 木村正二

 第24回(昭和61年) 鈴木タマリ

 第25回(昭和62年) 菊地勲

 第26回(昭和63年) 久保田隆洲

 第27回(平成元年) 千葉栄人

 第28回(平成2年) 三好ゆかり

 第29回(平成3年) 木村香澄

 第30回(平成4年) 松山清一

 第31回(平成5年) 道高睦子

 第32回(平成6年) 嵯峨幸男

 第33回(平成7年) 王藤正蔵

 第34回(平成8年) 卯子澤裕美

 第35回(平成9年) 細川澄美枝

 第36回(平成10年) 片桐ルミ子

 第37回(平成11年) 佐々木真理子

 第38回(平成12年) 辻真由美

 第39回(平成13年) 剱地陽子

 第40回(平成14年) 長江亜津子

 第41回(平成15年) 寺島絵里佳

 第42回(平成16年) 松田美和子

 第43回(平成17年) 播磨孝雄

 第44回(平成18年) 寺島絵美

 第45回(平成19年) 間島秀格

 第46回(平成20年) 安澤望

 第47回(平成21年) 日和義貴

 第48回(平成22年) 西川俊昭

 第49回(平成23年) 滝本豊壽

 第50回(平成24年) 杉本武志

 第51回(平成25年) 柿沼初雄

 第52回(平成26年) 翔田ひかり

 第53回(平成27年) 三浦麻衣

 第54回(平成28年) 佐竹春敏

 第55回(平成29年) 村川真奈美

 第56回(平成30年) 井上さつき

 第57回(令和元年) 久野絹枝


  • 熟年の部(満70歳以上の会員)

 第1回(平成9年) 奥山キヨエ

 第2回(平成10年) 矢吹尞

 第3回(平成11年) 島節子

 第4回(平成12年) 福川絹子

 第5回(平成13年) 加藤真治

 第6回(平成14年) 川村健作

 第7回(平成15年) 奥泉勇篁

 第8回(平成16年) 成田誠

 第9回(平成17年) 杉浦幸雄

 第10回(平成18年) 中村ツマ

 第11回(平成19年) 橋本孝志

 第12回(平成20年) 松谷敏江

 第13回(平成21年) 小梅洋子

 第14回(平成22年) 金子美詩

 第15回(平成23年) 榎本弥惣七

 第16回(平成24年) 木田弘

 第17回(平成25年) 本田勝三

 第18回(平成26年) 堀江孝次

 第19回(平成27年) 石垣博

 第20回(平成28年) 斉藤勝弘

 第21回(平成29年) 林勲

 第22回(平成30年) 遠田千鶴子

 第23回(令和元年) 泉章藏


  • 少年の部(中学校3学年以下の学年に在学する会員)

 第1回(平成9年) 寺島絵里佳

 第2回(平成10年) 高畠宏美

 第3回(平成11年) 寺島絵美

 第4回(平成12年) 貝澤早佳

 第5回(平成13年) 黒森このみ

 第6回(平成14年) 高橋健二

 第7回(平成15年) 中島琴美

 第8回(平成16年) 木内絵理

 第9回(平成17年) 大沢尚悟

 第10回(平成18年) 瀧澤朱夏

 第11回(平成19年) 福田光

 第12回(平成20年) 中島琴美

 第13回(平成21年) 植田玲奈

 第14回(平成22年) 田村ひより

 第15回(平成23年) 松島翔香

 第16回(平成24年) 東美羽音

 第17回(平成25年) 小山田祐輝

 第18回(平成26年) 石田桃子

 第19回(平成27年) 西口真由奈

 第20回(平成28年) 柳田小春

 第21回(平成29年) 野呂帆乃佳

 第22回(平成30年) 今井柚唯子

 第23回(令和元年) ライリー大仁

脚注編集

  1. ^ 三隅治雄『日本の民謡と舞踊』大阪書籍、1990年。ISBN 4754810856p.70-71
  2. ^ 竹内勉『追分節 信濃から江差まで』三省堂、1980年。

関連項目編集

外部リンク編集