メインメニューを開く

江戸前島(えどまえとう)は、かつて江戸に存在した地形。円覚寺の所領であった。

歴史編集

現在の日本橋から銀座にかけての地域は徳川家康が入府する以前は半島(平川(神田川下流部)や隅田川によってできた砂州)であり、西側に日比谷入江が所在していた。 入江は日比谷濠外濠が形成された以外は埋め立てられ、東側の海岸線を利用して楓川三十間堀川が掘削され、次第に内陸部となっていった。

現在は東京駅などが所在する。

関連項目編集