メインメニューを開く

江戸文字(えどもじ)とは、江戸時代に盛んに使用された図案文字の総称である。それぞれの書体は別々の名称を持ち、もともとは使用される用途も違っていた。

しかし、「籠文字の影文字(縁取りをした文字)もしくは日向文字(白抜きの文字)」と言うのはややこしいからと、紺屋の2代目・絵場屋である相澤兼吉が江戸文字と言うようにしたのが始まりである。

目次

文字の種類編集

名称 説明 書体
芝居文字(しばいもじ) 通称、勘亭流(かんていりゅう)。歌舞伎の看板、番付に使われる書体。岡崎屋勘六1779年(安永8年)に考案。勘亭流の名は彼の号「勘亭」に由来する。歌舞伎界で勘亭流が使われたのは、台本、俳優の楽屋表示などの、外に向けた宣伝物以外のものと、芝居小屋の表の看板、街頭の宣伝物である番付(ポスター)などである。文字の大きさは用途に応じて当然変わる。外向けでないものはそこそこ読みやすい大きさ、看板は大書、番付では外題を遠目にも映りが良いように太く大きめ。河竹黙阿弥以降は、狂言台本の本文にも使われた[1]  
寄席文字(よせもじ) 通称、橘流(たちばなりゅう)。伝統師は、橘右近ビラ清ビラ辰。客を寄せるための書体で、客が集まるよう縁起をかついで、字が詰まり加減になっているのが特徴。勘亭流と提灯文字を元に創始された。落語の看板やめくり番付や、ビラ千社札に使用される。  
籠文字(かごもじ) 字画が厚く、やや四角い書体。反転文字として使われることが多いが、輪郭線として使われることもある。千社札に基本的に使用される書体。田てう田キサが知られる。  
髭文字(ひげもじ) 文字に「」がついている書体。  
相撲字(すもうじ) 通称、根岸流(ねぎしりゅう)。大相撲番付・広告などに使われる書体。  
提灯文字(ちょうちんもじ)  
角字(かくじ) 極太の四角い書体。印鑑などに使用される。楷書体や、漢字そのものの事を角字と言う事もある。  

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
出典

参考文献編集

  • 橘右橘『図説江戸文字入門』河出書房新社〈ふくろうの本〉、2007年2月。ISBN 9784309760919NCID BA80732717
  • 白石和也工藤剛河地知木『タイプフェイスとタイポグラフィ』九州大学出版会、2004年4月、改訂版。ISBN 9784873788296

関連項目編集

外部リンク編集