江戸木純

江戸木 純えどき じゅん1962年[1][2] - )は、日本映画評論家。有限会社エデンの代表取締役。本名は古谷 文雄ふるや ふみお[1]。ペンネームはエド・ウッド・ジュニアに由来する。

目次

人物編集

東京都出身。東北新社ギャガ[2]で外国映画の買い付けを行い、『死霊の盆踊り』や『ベルリン忠臣蔵』をはじめとする数百本の劇場未公開映画の宣伝に係わる[1]

独立後には「行動的批評[2]」をモットーとした映画評論家として活動を開始し、『ムトゥ 踊るマハラジャ』、『ロッタちゃん』、『処刑人』などの日本未公開作品を紹介する。1998年11月[1]には妻と共に[3]有限会社エデンを設立し、外国映画の配給を行うようになる。

王様の漢方』(2002年、日中合作)、『丹下左膳・百万両の壺』(2004年、日本)では、製作、脚本も行っている。

イギリスから超低予算ゾンビ映画コリン[要曖昧さ回避]を買い付け、作品プロモーションも兼ねて、2011年2月末に第一回東京国際ゾンビ映画祭を開催する。

著書編集

  • 『地獄のシネバトル―世紀末映画読本』洋泉社、1993年5月。
  • 『地獄のハリウッド―SEXと殺人とスキャンダルの映画史』洋泉社、1995年1月。(青山正明大内稔越智道雄大久保賢一他と共著)
  • 『インド極楽映画最高傑作 ムトゥ踊るマハラジャのすべて』ジャパンミックス、1998年6月。
  • 『映画突破伝―「人肉饅頭」から「クイーン・コング」まで』洋泉社、2001年7月。(叶井俊太郎と共著)
  • 『関根勤×江戸木純 シネマ十番勝負』富士見書房、2003年5月。(関根勤と共著)
  • 『バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争 邦画バブル死闘編〈2007‐2008年版〉』洋泉社、2009年3月。(柳下毅一郎、クマちゃんと共著)
  • 『日本映画空振り大三振 ~くたばれ!ROOKIES』洋泉社、2010年6月。(柳下毅一郎、クマちゃんと共著)
  • 『世界ブルース・リー宣言 ~龍教聖典~』洋泉社、2010年7月。

翻訳編集

フィルモグラフィ編集

出典編集

外部リンク編集