メインメニューを開く
江木高遠

江木高遠(えぎたかとお、1849年嘉永2年)12月22日 - 1880年明治13年)6月6日)は、文明開化期の学者、啓蒙家、外務官僚。養子に入り、『高戸賞士』を名乗った時期があった。

目次

生涯編集

備後福山藩の儒官、江木鰐水の第四子として福山に生まれた。幼名は賞士、通称は賞一郎。母は、年(とし)。

1856年(安政3年)(7歳)、藩校誠之館に入り、1868年(明治元年)(19歳)秋、長崎フルベッキに学び、翌年、藩の推薦により東京の開成学校に転じ、明治2年(1869年)に慶應義塾に学んだ。

1870年(明治3年)(21歳)、華頂宮博経親王の随員の一人としてニューヨークへ渡り、コロンビア法律学校(Columbia Law School)に学んだが、1872年、病気の親王と帰国し、1874年再渡米して、1876年卒業した。その間の1875年、専修大学の母体、『日本法律会社』の結成に関わった。

1877年(明治10年)、東京英語学校教諭、次いでその後身の東京大学予備門の教諭を勤めた。

かたわら、啓蒙講演会の組織的運営を企画し、1878年6月30日、『なまいき新聞』発刊記念講演として、浅草に500人を超す客を集め、考古学大森貝塚発掘に関するエドワード・S・モースの講演会を開いた[1]。江木が通訳した。

  • 『なまいき新聞』は、1878年6月、生意気新聞社が創刊した週刊新聞。同年10月、『芸術叢誌』と改名した。

そして1878年9月21日、会費制の『江木学校講談会』を発足させた。社員(常任講師)として、外山正一福沢諭吉西周河津祐之(後の東京法学校校長)、藤田茂吉(生意気新聞主筆)、モースが名を連ねた。

この講談会は1879年10月まで30回近く催され、常任講師のほかに、長谷川泰(日本医科大学の前身『済生学舎』の創設者)、沼間守一島地黙雷菊池大麓大内青巒トマス・メンデンホール加藤弘之、杉享二(統計局長)、アーネスト・フェノロサ小野梓辻新次(教育行政家)、中村正直佐藤百太郎島田三郎、林正明(政治評論家)、金子堅太郎田口卯吉長岡護美なども、登壇した[2]

この講談会には、郵便報知新聞も関係した。

1879年12月、外務省書記官になった。

1880年(明治13年)1月の交詢社の発足に、創立事務委員として参画した。定議員への就任は、渡米予定のゆえに辞退した。

1880年3月、帰任の吉田清成駐米大使に随行してワシントンに赴任したが、6月6日に自殺した。享年31。墓は谷中墓地にある。

脚注編集

  1. ^ 近藤義郎・佐原真訳、『大森貝塚』、岩波文庫(1983)ISBN 9784003343210 p.131 - p.135
  2. ^ 「守屋毅編、『共同研究 モースと日本』、小学館(1988) ISBN 9784093580212」中の磯野直秀編:『モース年表』

参考文献編集

  • 『慶應義塾入社帳 第1巻』福澤諭吉研究センター(編)、慶應義塾、1986年。

関連項目編集

外部リンク編集