江東区小5女児誘拐殺人事件

江東区小5女児誘拐殺人事件(こうとうくしょうごじょじゆうかいさつじんじけん)は、1969年5月に発生した殺人事件

1984年5月30日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。

概要編集

1969年5月31日東京都江東区に住む小学5年生の女児が若い男に車で連れ去られる事件が発生。3日後の6月3日に同区の埋立地で他殺体となって発見された。被害女児は乱暴された形跡があり、死因は首を絞められたことによる窒息死だった。

誘拐発覚から遺体発見までの間は報道管制が引かれていた。目撃された車がライトバンになったり、日産・サニーマツダ・ファミリアになるなどして、捜査は迷走した。

4,300人の捜査員を投入したものの、犯人に行き着くことなく1984年5月30日公訴時効が成立した。

この事件については、朝日新聞などで「犯人は内気な性格」「事件は性的虐待目的」などと言った推測が発表された。

関連項目編集