江藤文夫(えとう ふみお、1928年2月9日2005年3月23日)は、日本の評論家、成蹊大学名誉教授。

来歴編集

神奈川県出身。本名は山口欣次。兄は東洋史学者の山口修

東京大学経済学部卒。美学者中井正一に影響を受けた。『映画芸術』編集部在籍を経て、フリーの評論家。1971年成蹊大学教授、映像論、思想・文化論を講じた。98年定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『見る 現代のコミュニケーション』三一新書、1965 
  • 『見る雑誌する雑誌』平凡出版、1966
  • 『スター そのイメージと本人の間』毎日新聞社、1968
  • チャップリンの仕事』みすず書房、1989
  • 『オウム報道』 かもがわブックレット、1995
  • 『チャップリン』岩波ジュニア新書、1995 
  • 江藤文夫の仕事』全4巻、影書房、2006-2007。1956年から没時までの著作

共編著編集

参考編集

  • デジタル版日本人名大事典:[1]