メインメニューを開く

江蘇省 (汪兆銘政権)

汪兆銘政権の省

江蘇省(こうそ-しょう)は汪兆銘政権に存在した

汪兆銘政権 江蘇省
1940年 - 1945年
簡称:



簡体字 江苏
繁体字 江蘇
拼音 Jiāngsū
カタカナ転記 ジャンスー
国家 汪兆銘政権
行政級別
政府所在地 呉県
成立 1940年
消滅 1945年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) km²
人口

目次

沿革編集

中華民国維新政府1938年民国27年)6月22日に設置した江蘇省を前身とする。

1940年民国29年)6月20日、汪兆銘政権政治委員会第11次会議で中華民国維新政府の江蘇省政府を改編することを決定、省会を呉県と定めた。

中華民国時代は61県を管轄した江蘇省を三分割し、上海等の7県を上海特別市の、淮陰等の15県蘇北行政専員公署に移管し、汪兆銘政権時代の江蘇省は呉県、常熟、昆山、呉江、鎮江、句容、溧水、江浦、六合、金壇、丹容、揚中、松江、青浦、金山、太倉、海門、武進、無錫、宜興、靖江、南通、如皋、江都、儀徴の25県を管轄した。

県政監督のための行政専員公署は9区設置され、1943年(民国32年)6月に、第1区が、翌年7月に第2区から第9区が設置されている。

歴代省政府主席・省長編集

省長編集

省政府主席編集

省長編集

関連項目編集