メインメニューを開く

江角 柳四郎(えすみ りゅうしろう、1848年4月10日(嘉永元年3月7日[1])- 1906年明治39年)3月22日[2][3])は、日本の地主実業家政治家貴族院多額納税者議員

経歴編集

出雲国出雲郡、のちの原鹿村(簸川郡久木村を経て現島根県出雲市斐川町原鹿)で、豪農の家に生まれる[1]。機業を営み、簸川銀行取締役などを務めた[2][3]。また、島根県元出雲郡連合村戸長、島根県会議員、久木村会議員、同村長などを歴任[2]1904年、貴族院多額納税者議員に選出され、同年9月29日に就任し[4]、死去するまで在任した[2]

公益事業にも関心が高く、貧民救済、公共建築・道路修繕・衛生事業、居村児童への奨学金支給などに多額の寄付を行った[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 『簸川郡偉人篤行者伝』前編111頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 -貴族院・参議院議員名鑑』190頁。
  3. ^ a b 『明治過去帳』新訂初版、983頁。
  4. ^ 『官報』第6377号、明治37年9月30日。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 簸川郡私立教育会編『簸川郡偉人篤行者伝』簸川郡私立教育会、1919年。