江里口 信常(えりぐち のぶつね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将龍造寺氏の家臣。龍造寺四天王の一人。

 
江里口信常
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文17年(1548年)?
死没 天正12年3月24日1584年5月4日
主君 鍋島信房龍造寺隆信
氏族 江里口氏
テンプレートを表示

略歴編集

はじめ鍋島信房に仕え、その弟の直茂が養子入り先の千葉家から実家に戻る際に、直茂に付けられた12名の家臣のうちの一人といわれる。江里山の麓に居住していたため、代々江里口氏を称している。

天正12年(1584年)、島津氏との戦い(沖田畷の戦い)で龍造寺隆信が戦死すると単身、味方と偽って敵陣に乗り込み、敵の総大将・島津家久の首を狙ったが、家久の左足を傷つけるに終わって総大将の首を討つには至らず、その場でなぶり殺しにされた。家久から「無双の剛の者」と賞賛され、一族がいれば召抱えたいと言わしめた。