メインメニューを開く

池 央耿(いけ ひろあき、1940年9月3日 - )は、日本の翻訳家東京都大田区出身。日本文芸家協会会員。

1964年国際基督教大学教養学部人文科学科卒。同年、産業技術映画協会の制作部に。1965年に一旦、フリーになった後、1966年1972年岩波映画製作所演出部に所属。

以後、フリーの翻訳家となる。その訳業は英米のノンフィクションエッセイ推理小説サスペンス冒険小説SFファンタジー児童文学など多岐にわたる。

映画の『E.T.』ノベライズ版や、ロバート・フルガム英語版『人生に必要な知恵は幼稚園の砂場で学んだ』、ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの12ヶ月』などがベストセラーになった。

2013年12月に初の単著『翻訳万華鏡』(河出書房新社)を刊行した。

著書編集

  • 『翻訳万華鏡』河出書房新社、2013年

翻訳編集

  • J.B.ピック『最後の谷角川文庫 1971
  • トーマス・ロジャース『幸せをもとめて』角川文庫 1971
  • ネヴィル・シュート『さすらいの旅路』角川文庫 1971
  • チャールズ・ダービン『マフィアの復讐』角川文庫 1972
  • ジュリアス・ファスト『ビートルズ』角川文庫 1972
  • ハモンド・イネス英語版『キャンベル渓谷の激闘』ハヤカワ文庫 1972
  • ライオネル・デイヴィドソン『スミスのかもしか』角川書店 1972
  • アルビン・モスコウ『麻薬シンジケート <白い恐怖>の報告書』日本リーダーズダイジェスト社(ペガサス・ドキュメント)1972
  • ハモンド・イネス『怒りの山』早川書房 1972 のちハヤカワ文庫
  • デズモンド・コーリー『ゲシュタポ・ファイル 秘密情報部員JF』日本リーダーズダイジェスト社 1972(ペガサスノベルズ)
  • ドン・ペンドルトン『マフィアへの挑戦』1-20 高見浩共訳、創元推理文庫 1973-85
  • ハモンド・イネス『孤独なスキーヤー』ハヤカワ文庫 1973
  • ジェイムズ・マンロー『ナンバーのない男 国際殺人局K』早川書房 1973
  • サイ・リバコブ、バーバラ・リバコブ『ボブ・ディラン』角川文庫 1974
  • スチュアート・ジェイスン『屠殺人/血の負債』早川書房 1974
  • ベン・ハース『みどりの谷』角川文庫 1974
  • オビッド・デマリス『帝王 ビッグマフィア』立風書房 1974
  • イブ・メルキオー『人狼部隊』角川書店 1974
  • ウォーレン・キーファー『リンガラ・コード』角川書店 1974 のち角川文庫
  • ジェラルド・サマーズ『兵士の鷹』角川文庫 1975
  • ヒュウ・イームズ『完全なる敗北 北極点をめぐる栄光と汚辱』文化放送 1975
  • ジェームズ・グレイディ『コンドルの六日間』新潮社 1975
  • ウイルバー・スミス『ゴールド』立風書房 1975
  • ロス・ラッセル『バードは生きている チャーリー・パーカーの栄光と苦難 草思社 1975
  • E・S・ガードナー『すねた娘』創元推理文庫 1976
  • ポール・アードマン『1979年の大破局』ごま書房 1976
  • J.ヴァン・デ・ウェテリンク『キュラソー島から来た女』ごま書房 1976
  • ハモンド・イネス『幻の金鉱』早川書房 1976
  • アイザック・アシモフ黒後家蜘蛛の会』全5冊 創元推理文庫 1976-1990 
  • アラン・ウィリアムズ、ウィリアム・マーシャル『ビートルズ派手にやれ! 無名時代』草思社 1976
  • 『ガードナー傑作集』各務三郎番町書房(イフ・ノベルズ)1977
  • デイヴィッド・ホロウェイ『ルイスとクラーク 北米大陸の横断』草思社(大探検家シリーズ)1977
  • デニス・アイゼンバーグ、エリ・ランダウ『カルロスを追え! テロ・インターナショナル』角川書店 1977
  • フランク・D.ギルロイ『正午から三時まで』徳間書店 1977
  • E.S.ガードナー『怯えた相続人』創元推理文庫 1977
  • ドナルド・E・ウエストレーク『我輩はカモである』角川書店 1977 のちハヤカワ文庫
  • サンディ・フォークス『恐怖のハイウェイ』パシフィカ 1978
  • ラリー・ニーヴン/ジェリー・パーネル『神の目の小さな塵』創元推理文庫 1978
  • イブ・メルキオー『スリーパー・エージェント』角川書店 1978
  • ジャック・ヒギンズ『獅子の怒り』パシフィカ 1978 のち創元推理文庫
  • アイザック・アシモフ『聖者の行進』創元推理文庫 1979
  • ラッセル・ブラッドン『ウィンブルドン』新潮社 1979 のち新潮文庫、創元推理文庫 
  • ハモンド・イネス『北海の星』ハヤカワ文庫 1979
  • J.コルトレーン『雲の死角』文春文庫 1979
  • ポール・アードマン『オイルクラッシュ』新潮文庫 1979
  • ハモンド・イネス『キャプテン・クック最後の航海』パシフィカ 1979 のち創元推理文庫
  • ウォーレン・キーファー『カエサレアのパピルス』角川書店 1979
  • ジャック・フットレル『思考機械の事件簿 2』創元推理文庫 1979
  • 『ガードナー怪盗と接吻と女たち』各務三郎編 講談社文庫 1979
  • ジェイムズ・P・ホーガン星を継ぐもの』 創元推理文庫 1980
  • ロバート・アプトン『死を招く配当』文春文庫 1980
  • イブ・メルキオー『ハイガーロッホ破壊指令』角川書店 1980
  • ロジャー・ゼラズニイ『魔性の子』東京創元社 1981 のち創元推理文庫
  • J.ヴァン・デ・ウェテリンク『オカルト趣味の娼婦』 創元推理文庫 1981
  • ジェイムズ・P.ホーガン『ガニメデの優しい巨人』創元推理文庫 1981
  • J.ヴァン・デ・ウェテリンク『アムステルダムの異邦人』創元推理文庫 1981
  • アンブローズ・クランシー『北アイルランドの襲撃者たち』新潮社 1981
  • フランク・ロス『謀略結社マトリックス』ハヤカワ文庫 1982
  • ポール・アードマン『1985年の大逆転』講談社 1982
  • ジャック・ウィンチェスター『スパイよさらば』 文春文庫 1982
  • ウィリアム・コツウィンクルE.T.』新潮文庫 1982
  • ジェイムズ・P.ホーガン『巨人たちの星』創元推理文庫 1983
  • ハモンド・イネス『ソロモンの怒濤』ハヤカワ文庫 1983
  • アーサー・キャヴァノー『追憶のブルックリン』角川書店 1983
  • ディクスン・カー『亡霊たちの真昼』 創元推理文庫 1983
  • ポール・アードマン『アメリカ最期の日』講談社文庫 1983
  • ダグラス・リーマン英語版『黒海奇襲作戦』 ハヤカワ文庫 1984
  • ブルース・ブラウン『雲の峰鮭の川』新潮社 1984
  • フリーマントル『ディーケンの戦い』新潮文庫 1984
  • クレイグ・ブロード『テクノストレス』高見浩共訳 新潮社 1984
  • ロジャー・ゼラズニイ『外道の市』創元推理文庫 1985
  • 『クリスマス12のミステリー』アシモフ他編 新潮文庫 1985
  • ウォーレン・キーファー『誘拐者』角川書店 1985
  • カール・セーガン『コンタクト』高見浩共訳 新潮社 1986 のち新潮文庫
  • ハロルド・アダムズ『灯蛾の落ちる時』創元推理文庫 1987
  • J.ヴァン・デ・ウェテリンク『大道商人の死』創元推理文庫 1987
  • ジョン・エジャートン『ある大家族の歴史 アメリカ市民の社会史』草思社 1987
  • ハモンド・イネス『ベルリン空輸回廊』徳間文庫 1987
  • イブ・メルキオー『<B-B枢軸>極秘ルート』角川文庫 1987
  • アイザック・アシモフ『象牙の塔の殺人』創元推理文庫 1988
  • ハロルド・アダムズ『赤い報酬』創元推理文庫 1988
  • 『クリスマス13の戦慄』 I.アシモフ他編 新潮文庫 1988
  • ハモンド・イネス『黒い海流』ハヤカワ文庫 1988
  • ボブ・ウッドワード『ヴェール CIAの極秘戦略1981-1987』文藝春秋 1988
  • フリーマントル『空白の記録 孤児救出作戦の真相を知った男』新潮文庫 1988
  • ウィルバー・スミス『地底のエルドラド』創元推理文庫 1988
  • アイザック・アシモフ『ユニオン・クラブ綺談』創元推理文庫 1989
  • フリーマントル『スパイよさらば』新潮文庫 1989
  • ロバート・フルガム『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』河出書房新社 1990 のち河出文庫
  • ジョン・クルーズ『アフガンの「百合」』光文社文庫 1990
  • フリーマントル『クレムリン・キス』新潮文庫 1990
  • クリフォード・ストール『カッコウはコンピュータに卵を産む』草思社 1991
  • ヴィターリ・ヴィターリエフ『ソヴィエト社会衝撃の闇』新潮社 1991
  • スティーヴン・キング『暗黒の塔』1、2 角川書店 1992-1996 のち角川文庫
  • ハモンド・イネス『特命艦メデューサ』ハヤカワ文庫 1992
  • ジェイムズ・P.ホーガン『内なる宇宙』東京創元社 1993 のち創元推理文庫
  • ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの12か月』河出書房新社 1993 のち河出文庫
  • アービン“マジック"ジョンソン/ウィリアム・ノヴァク『マイライフ』光文社 1993
  • ピーター・メイル『ホテル・パスティス』河出書房新社 1994 のち河出文庫
  • ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの風景』河出書房新社 1994
  • ジェイムズ・グレイディ『凶弾』新潮文庫 1994
  • ピーター・メイル『愛犬ボーイの生活と意見』河出書房新社 1995 のち河出文庫
  • ジョン・J.ナンス『ファイナル・アプローチ』ハヤカワ文庫 1995
  • ピーター・メイル『南仏のトリュフをめぐる大冒険』河出書房新社 1997 のち河出文庫
  • ダニエル・ブライヤン『マツボックリが笑う日』翔泳社 1998
  • ピーター・メイル『セザンヌを探せ』河出書房新社 1998
  • ジェイムズ・グレイディ『暗黒の河』新潮文庫 1998
  • バリー・ロペス『鳥たちが聞いている』神保睦共訳 角川書店 1998
  • ウイリアム・J.ベネット『義憤の終焉 ビル・クリントンと踏みにじられたアメリカの理念』草思社 1999
  • パトリック・マグラア『閉鎖病棟』河出書房新社 1999
  • ブルース・チャトウィン『どうして僕はこんなところに』神保睦共訳 角川書店 1999、角川文庫 2012
  • マーク・カーランスキー『鱈 世界を変えた魚の歴史』飛鳥新社 1999
  • 『旅を書く ベスト・トラベル・エッセイ』(監訳)河出書房新社 2000
  • ジョン・オドノヒュウ『アナム・カラ ケルトの知恵』角川書店 2000
  • ピーター・メイル『南仏プロヴァンスの昼下り』河出書房新社 2000 のち河出文庫
  • 『スティーヴン・キング小説作法』アーティストハウス 2001
  • ノア・リュークマン『プロになるための文章術 なぜ没なのか』河出書房新社 2001
  • ピーター・メイル『どうぞ、召しあがれ! フランスの食祭りの旅』河出書房新社 2002
  • ケニー・ケンプ『父の道具箱』角川書店 2002
  • クライヴ・バーカー『アバラット』1、2 ソニー・マガジンズ 2002-2004
  • ネビル・シュート『パイド・パイパー 自由への越境』創元推理文庫 2002
  • ロバート・フルガム『新・人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』河出書房新社 2004
  • ガーネット傑作集』1、3、4、5 河出書房新社 2004-2005
  • ヒュー・ブロディ『エデンの彼方 狩猟採集民・農耕民・人類の歴史』草思社 2004
  • ジョン・ローレンス『ぴよぴよひよこ』評論社(児童図書館・絵本の部屋)2005
  • テリー・ベイン『われわれは犬である 犬の目から見たこの素晴らしき世界』アスペクト 2005
  • マル・ピート『キーパー』評論社 2006
  • ジーン・ウィリス『シイイイッ!』評論社(児童図書館・絵本の部屋)2006
  • ディケンズクリスマス・キャロル光文社古典新訳文庫 2006
  • アレックス・ベレンスン『フェイスフル・スパイ』小学館 2007
  • アンソニー・リード「ベイカー少年探偵団」評論社
さらわれた千里眼 2007
消えた名探偵 2007
呪われたルビー 2008
ドラゴンを追え! 2008
盗まれた宝石 2009
地下牢の幽霊 2009

参考文献編集

  • 日外アソシエーツ人物情報