メインメニューを開く

池田 信夫(いけだ のぶお、1950年 - 2012年11月24日)は、京都府出身の野球選手投手)、指導者。

池田 信夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 1950年
没年月日 2012年11月24日
身長
体重
175 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

経歴編集

平安高校では1966年、1年の時に、3年生エース門野利治の控えとして夏の甲子園に出場。準々決勝に進むが報徳学園に敗退。この大会では2試合にリリーフとして登板[1]。2年からエースとなり、1967年春の選抜に出場。2回戦で新居浜商に敗れる[2]。同年夏は京滋大会決勝で守山高に敗退、甲子園出場を逸する[1]。1年上のチームメートに四番打者の江島巧中堅手がいた。

1968年春の選抜では準々決勝に進出するが、この大会に優勝した大宮工の吉沢敏雄投手(慶大東京ガス)に抑えられ敗退[2]、同年夏の甲子園にも出場するが、1回戦でまたも大宮工に9回逆転負けした[1]。高校同期に石山一秀捕手、1年下に渋谷通一塁手川本浩次右翼手がいる。1968年ドラフト会議東京オリオンズに3位指名を受けるが拒否。

卒業後は法政大学に進学。東京六大学リーグでは1969年秋季リーグから4季連続優勝。一年上の横山晴久投手とともに二本柱として活躍した。しかし全国大会で優勝はできず、1971年全日本大学野球選手権大会1972年明治神宮野球大会とも準優勝にとどまる。リーグ通算38試合18勝8敗、防御率1.61、奪三振153。大学同期の長崎慶一外野手、伊達泰司外野手、松村彰士内野手がプロ入りしている。

1970年全日本大学野球選手権大会準決勝では、山口高志投手を擁する関大と対決。8回から横山をリリーフして好投し、今も選手権記録である延長20回まで進む。最後は2-3xでサヨナラ負けするが、大学野球史に残る熱戦として知られる。

大学卒業後は大昭和製紙に入社。1973年から都市対抗に5年連続出場。1975年都市対抗では河合楽器を完封し、チームの準々決勝進出に貢献した[3]。現役引退後は拓殖大学第一高校の監督をつとめた。

脚注編集

  1. ^ a b c 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

出典編集

関連項目編集