メインメニューを開く

池田 克己(いけだ かつみ、1912年5月27日 - 1953年2月13日)は、日本の詩人

目次

略歴編集

奈良県出身。1927年吉野工業学校建築科卒。奈良県で写真館を経営。1931年小学校の師植村諦に初めて詩を見てもらい、詩作に励む。34年第一詩集『芥は風に吹かれてゐる』を発刊。36年上林猷夫佐川英三らと詩誌『豚』を創刊、のち『現代詩精神』と改めた。39年徴用令で中国に渡り、1941年解除、上海で大陸新報社の記者となり『上海文学』を創刊、また草野心平らと詩誌『亜細亜』を出した。戦後45年帰国。46年上林、佐川らと『花』を創刊、47年6月小野十三郎高見順らを編集に加え『日本未来派』を創刊し、編集人となった[1]。40歳で死去した。

著書編集

  • 『芥は風に吹かれてゐる 池田克己第一詩集』日本書房 1934年 全国書誌番号:44053201NCID BB11204579
  • 『原始 池田克己詩集』豚詩社 1940年2月 NDLJP:1053191NCID BA81413237
  • 『上海雑草原 詩集』八雲書林 1944年1月 全国書誌番号:60013847NCID BA51571545
  • 『新生中国の顔』アルス 1944年 全国書誌番号:61010951NCID BN11154613
  • 『中華民國居留 池田克己詩集』太平出版 1944年8月 NCID BA42190799
  • 『池田克己詩集』日本未来派発行所 1948年3月 全国書誌番号:46026711NCID BA52019570
  • 『法隆寺土塀 詩集』新史書房 1948年4月 全国書誌番号:48011182NCID BN16072378
  • 『唐山の鳩 : 詩小説集』日本未來派發行所(札幌) 1951年9月 NCID BA86690959

翻訳編集

脚注編集