メインメニューを開く

池田 利政(いけだ としまさ、文禄3年(1594年) - 寛永16年8月11日1639年9月8日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武士池田輝政の九男(実は四男)。母は側室の安藤氏。通称は初め左近、後に摂津守と改める。子に池田政信池田知利池田長泰室、日置忠治室(池田光政養女)らがいる。

和意谷池田家墓所七のお山の利政の墓

文禄3年(1594年)、三河国吉田に生まれる。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦い後、父・輝政が播磨姫路藩に移封されると、利政は船上城城代となり、4170石(後に加増され5000石)を知行した。また、長兄の利隆に従い大坂の陣に参戦した。元和3年(1617年)、甥の光政因幡鳥取藩への移封に伴い、汗入郡逢坂に移住した。さらに、寛永9年(1632年)の光政の備前岡山藩への移封で岡山に移った。同16年(1639年)8月11日、京都で死去した。46歳。法号・法清院殿月桂浄秋大居士。墓所は岡山県備前市にある和意谷池田家墓所

参考文献編集

  • 村川浩平「池田輝政の男子について」『日本歴史』535号、1992年