メインメニューを開く
池田慶栄

池田 慶栄(いけだ よしたか、天保5年3月23日1834年5月1日) - 嘉永3年5月23日1850年7月2日))は、因幡国鳥取藩11代藩主。鳥取藩池田家宗家13代。

加賀藩主・前田斉泰の四男。母は将軍徳川家斉の娘・溶姫。正室は鹿奴藩池田仲律の娘・聡姫(整子・延子・宝隆院)。官位従四位上侍従因幡守

略歴編集

嘉永元年(1848年)、10代藩主・慶行が17歳で早世したが、世子がいなかったため、幕府の指示により、加賀藩前田斉泰の四男の喬心丸(将軍徳川家慶の甥)を藩主に、慶行の同母妹にあたる分家(鹿奴藩(東館))の池田仲律の娘の延子(後に整子〔さだこ〕)を嫁がすよう指示した。嘉永2年(1849年)、喬心丸は伯父である将軍・徳川家慶の前で元服し、偏諱を受け慶栄と名乗り、従四位上侍従に叙任、鳥取池田家代々の因幡守を名乗る。

翌嘉永3年(1850年)、初めての国入りのためその途についたが、江戸から鳥取への道中で病に罹り京都伏見藩邸にて急死した。嗣子はなかったため、水戸藩主・徳川斉昭の五男・昭徳が養子となって跡を継いだ。

参考文献編集

  • 財団法人史跡鳥取藩主池田家墓所保存会/作成『史跡 鳥取藩主池田家墓所』(2006年3月31日刊行)