メインメニューを開く

池田 政周(いけだ まさちか、明暦2年(1656年) - 延宝5年1月8日1677年2月9日))は、播磨山崎藩の第2代藩主。恒元系池田家2代。

和意谷池田家墓所六のお山の政元(政周)の墓

初代藩主・池田恒元の長男。母は上田氏。養母は松平定勝の娘。正室は板倉重大の娘・遊子。官位従五位下豊前守。幼名は鍋之助。政元とも言う。

寛文11年(1671年)、父の死去により跡を継ぐが、延宝5年(1677年)正月8日に早世した。嗣子がなく、跡を池田綱政(従兄にあたる)の次男・恒行が継いだ。法号は智光院殿義峯崇俊大居士。墓所は岡山県備前市吉永町の和意谷池田家墓所