メインメニューを開く

池田 政弼(いけだ まさすけ、寛保2年7月27日1742年8月27日) - 安永5年7月25日1776年9月7日[1])は、備中生坂藩の第4代藩主。

第2代藩主・池田政晴の三男。正室は松平直純の娘・利佐姫(真明院)。子は池田政峰(長男、届出上は三男)、池田政房(次男、届出上は四男)、娘(竹中重寛正室)。養子に池田政良、秀次郎(いずれも池田政員の子、届出上はそれぞれ長男と次男)[2]。官位は従五位下。丹波守。幼名は永次郎。

明和4年(1767年)、兄で先代藩主の政員が死去したため、その養嗣子となって跡を継いだ。

安永5年(1776年)7月25日、35歳で死去した。ただし、幕府には4日後の7月29日死去として届出された[1]。法名は持光院殿観海帷聞大居士。

前年に生まれたばかりの正室との息子の政房が跡を継いだが、翌安永6年(1777年)に夭逝したため、宗家の岡山藩池田治政の庶長子で、いまだに幕府に出生を届け出ていなかった鉄三郎が密かに岡山から江戸まで迎えられ、身代わりに立てられて政房を名乗り、のち政恭と名を改めた[2]

脚注編集

  1. ^ a b 『お家相続 大名家の苦闘』p.76-77
  2. ^ a b 『お家相続 大名家の苦闘』p.59-63

参考文献編集

  • 大森映子『お家相続 大名家の苦闘』(角川選書)