池田政応

江戸時代中期の旗本。池田友政の長男。井原池田家(池田修理家)3代

池田 政応(いけだ まさたか)は、江戸時代中期の旗本。通称は兵蔵、修理

 
池田政応
時代 江戸時代中期
生誕 延宝4年(1676年
死没 享保10年6月27日1725年8月5日
別名 兵蔵、修理(通称)
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 池田氏(長吉流)
父母 池田友政安部信秀
兄弟 政応政相政長雨宮正景荒尾成庸荒尾成令、甚九郎、坪内定次
神尾元陳室、三枝守秀
小堀政利娘、池田利重
豊常池田政胤
テンプレートを表示

略歴編集

延宝4年(1676年)、池田友政の長男として誕生。元禄16年(1703年12月21日、中奥番士となる。宝永元年(1704年12月2日、遺領を継ぐ。この時、弟・政長に300石を分与したため、所領は900石となった。宝永4年(1707年8月28日御徒頭となり、さらに、宝永6年(1709年4月6日小姓組の組頭となった。

享保10年(1725年)6月27日、死去。50歳。跡を子・豊常が継いだ。

系譜編集

先代
池田友政
井原池田家(池田修理家)
3代
1704年 - 1725年
次代
池田豊常