メインメニューを開く

池田 政虎(いけだ まさとら、天正18年(1590年) - 寛永12年7月28日1635年9月9日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武士池田輝政の七男(実は次男)。母は側室の満願院。子に池田直長、池田政広、池田政長らがいる。

和意谷池田家墓所、七のお山の政虎の墓

天正18年(1590年)、美濃国席田郡に生まれる。幼年の時、叔父・長吉に養育される。慶長9年(1604年)、父・輝政の家臣・若原幸成の養子となり若原内記と称し、遺領5千石を継ぐ。同15年(1610年)、兄・忠雄(実は弟)に淡路一国を与えられた時、忠雄が幼少であったため、代わりに政虎が淡路由良城城代となった。同18年(1613年)、池田姓に復姓し、池田加賀守と改める。元和3年(1617年)、甥の池田光政因幡鳥取藩への移封に伴い、岩井郡(巨濃郡)浦富の桐山城陣屋と改め移住した。寛永12年(1635年)7月28日、京都で死去した。46歳。墓所は岡山県備前市にある和意谷池田家墓所

参考文献編集

  • 村川浩平「池田輝政の男子について」『日本歴史』535号、1992年