メインメニューを開く

池田 斉輝(いけだ なりてる)は、備前国岡山藩の第6代主・池田斉政世子だった人物である。父同様、将軍徳川家斉偏諱を受け、斉輝と名乗る。

 
池田 斉輝
時代 江戸時代後期
生誕 寛政9年11月5日1797年12月22日
死没 文政2年2月18日1819年3月13日
氏族 池田氏
父母 父:池田斉政
正室:一条忠良の娘・知君(寛彰院)
池田本之丞(長男)

生涯編集

寛政9年(1797年)、第6代藩主・池田斉政の長男として生まれる。幼少時から聡明で[1]、将来を期待されたといわれる[2]。父から世子に指名されたが、文政2年(1819年)に早世した。享年23。

斉輝の死を受けて斉政は斉輝の長男・本之丞を世子にしたが、その本之丞も翌年に早世し、その後は斉輝の従弟である斉成を養子に迎えたがこれも早世したため、薩摩藩島津斉興の次男・久寧(池田斉敏)が養子に迎えられて藩主を継ぐことになる。

脚注編集

  1. ^ 斉輝は自らが記した『筆能阿末梨』で「仁の道は人の君たるものの上にては至て入用の道也。士民の服するも仁政による也。……国民風俗厚く能く耕作を勉るも君の仁政による」と先祖の光政の仁政思想を受け継ごうという意思を示している
  2. ^ 当時の世人から「御志の正大高明にして御徳行の本末緩急を分ち給ふ」公子と仰がれた。岡山藩では「(将来斉輝が藩主になれば)烈公(光政)の盛徳再び封内に輝(く)」と期待された

参考文献編集