池田 清左衛門(いけだ せいざえもん、生年不明 - 寛永15年2月28日1638年4月12日))は、江戸時代前期の人物。

島原の乱の一揆勢の侍大将[1]・武者奉行[2]。清左衛門尉とも。諱に光時[2]、元時[3]

概要編集

島原の乱以前の経歴は不明である。島原の乱では、一揆勢の侍大将・武者奉行として原城本丸を守備した。

肥後細川家の記録『新撰御家譜』によると、寛永15年1月17日に、一度原城から顔を出して名を名乗ったという。

原城落城時に戦死した[4]

脚注編集

  1. ^ 『天草騒動』より。
  2. ^ a b 『綿考輯録(細川家文書)』『耶蘇天誅記』『寛永平塞録』等より。
  3. ^ 『一揆籠城刻々日記』より。
  4. ^ 『天草騒動』より。

出典編集

  • 『Q&A 天草四郎と島原の乱』(熊本出版文化会館、2008年、鶴田倉造/著)
  • 『天草キリシタン史』(葦書房、1987年、北野典夫/著)
  • 『西海の乱・天草民衆運動史研究(下巻)』(西海文化史研究所、1995年、倉田文史/著)