メインメニューを開く

池田 清緝(いけだ きよつぐ)は、因幡若桜藩(鳥取西館新田藩)の第9代藩主。

 
池田清緝
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 天保14年閏9月11日1843年11月2日
死没 文久2年8月24日1862年9月17日
改名 為之助・靭負(幼名)、清緝
戒名 覚性院緝山元勇
墓所 鳥取県鳥取市国府町奥谷の池田家墓所
官位 従五位下、左衛門佐
幕府 江戸幕府
因幡国若桜藩
氏族 池田氏
父母 父:池田仲諟、養父:池田清直
兄弟 清緝徳定徳澄、映子(池田仲建正室)
正室:静子(池田定保三女・池田清直養女)
実子:なし、養子:徳定

天保14年(1843年)閏9月11日、第8代藩主・池田清直の兄・池田仲諟の長男として江戸で生まれる。安政5年(1858年)に叔父・清直が死去したため、その養子として家督を継ぎ、12月15日に従五位下・左衛門佐に叙位・任官する。

江戸城御門番、駿府加番などを歴任した。文久2年(1862年)8月24日、江戸で死去した。享年20。跡を弟で養子の徳定が継いだ。