池田生二

1912-1998, 俳優。別名池田生三。

池田 生二(いけだ せいじ[1]1912年明治45年〉6月17日[1] - 1998年)は、日本俳優。本名:池田清二。別名:池田生三。長男は脚本家池田太郎長野県[1]諏訪郡上諏訪町(現諏訪市[要出典]出身。

人物編集

日本大学経済学部卒業後、日本プロレタリア演劇同盟の演劇研究所の研究生となり、東京左翼劇場を経て新築地劇団で活動。

1940年には思想統制により新築地劇団、新協劇団関係者らの一斉検挙が行われ、池田も検挙された。

戦時中は、丸山定夫らの苦楽座(後の移動演劇『桜隊』)に参加。広島への劇団疎開に参加したが、妻の実家の戦災見舞いのために静岡県沼津市に向い、広島原爆投下当日には広島にいなかった。戦後は、テレビ・映画で脇役として活躍。

1998年死去。享年、死因は不明。

経歴編集

  • 1931年、日本プロレタリア演劇同盟の演劇研究所の研究生となり、『東洋車輛工場』(村山知義作)で舞台に初出演。
  • 1934年2月、久板栄二郎との共著『演劇運動の新らしき発展のために』を日本プロレタリア演劇同盟出版部から出版。
  • 1945年、移動劇団「桜隊」に参加。その後、桜隊の生き残りとして追悼・証言活動を行い、映画『さくら隊散る』を企画した。
  • 1966年、「『苦楽座移動隊』(桜隊)日誌」を『新劇』誌7月から9月号に連載。
  • 1988年、一人芝居『芭蕉異聞』。同年、企画した『さくら隊散る』が完成・公開。「『捨吉』に三好さんを偲ぶ 『三好十郎』展を観て」を早稲田大学図書館報『ふみくら』(11月5日発行)に書く。
  • 1991年8月5日、放送のNHK『現代ジャーナル 原爆とは知らず 女優・園井恵子の戦争』に証言者として出演。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • 喧嘩太郎(1958年、KR)
  • ウルトラシリーズTBS
  • 進め!青春 第2話「ゴーゴー・レッツゴー」(1968年、NTV
  • 特別機動捜査隊NET
    • 第332話「東京の空の下」(1968年) - 深見
    • 第354話「昿野を馳ける女」(1968年) - 赤城
    • 第368話「武蔵野心中」(1968年) - 進藤
    • 第379話「決斗」(1969年) - 三浦
    • 第398話「蜜蜂色の少女」(1969年) - 神主
    • 第404話「待っていた人」(1969年) - 高橋
    • 第434話「赤ん坊」(1970年) - おでん屋
  • 鬼平犯科帳松本幸四郎版)(NET)
    • 第12話「妖盗葵小僧」(1969年) ‐ 専右衛門
    • 第30話「盗法秘伝」(1970年) ‐ 古田求馬
    • 第49話「神田明神裏」(1970年)- 笹山伝五郎
  • 人形佐七捕物帳 第13話「ほおづき大尽」(NET) - 上総屋角右衛門
  • 太陽にほえろ!(NTV)
    • 第7話「きたない奴」(1972年) - 駐車場の男 [注釈 2]
    • 第30話「また若者が死んだ」(1972年) - 盗難車の持ち主 [注釈 2]
    • 第41話「ある日、女が燃えた」(1973年) - 会議場前の男
    • 第53話「ジーパン刑事登場!」(1973年) - 派出所の警官
    • 第65話「マカロニを殺したやつ」(1973年) - ビル工事現場の男
    • 第118話「信じあう仲間」(1974年)- 情報屋の男
    • 第144話「タレ込み屋」(1975年)- タレ込み屋
  • 快傑ライオン丸 第30話「怪人マツバラバ 一本松の謎」(1972年、CX) - 弓師
  • ワイルド7 第5話「怪力、ヘラクレス」(1972年、NTV) - 九鬼博士
  • ダイヤモンド・アイ 第9話「宝石展示会の陰謀!」(1973年、NET) - 老紳士
  • 荒野の素浪人 第52話「流浪 殺しの子守唄」(1973年、NET])
  • 伝七捕物帳
    • 日本テレビ版
    • 第7話「火の玉参上!」(1973年)
    • 第13話「消えた姫君」(1974年)
    • 第45話「無情の花嫁衣裳」(1974年) - 宿の主人
    • 第46話「罠にかかった火あそび」(1974年)
    • 第66話「江戸の花、めおと仇討」(1975年)
    • 第70話「人情裏町千両唄」(1975年)
    • 第80話「むすぶ情の夫婦そば」(1975年)
    • 第111話「はぐれ烏が風に泣く」(1976年) - 棟梁
    • 第112話「執念の投げ十手」(1976年) - そば屋(タイトルロール前)
    • 第133話「強虫嬶に弱虫亭主」(1977年) - 徳兵衛
    • 第151話「売られた恩の落し穴」(1977年)
    • テレビ朝日版 第8話「はぐれ者」(1979年、ANB
  • 荒野の用心棒 第4話「黒い野望を砂丘に埋めて…」(1973年、NET)
  • 若い!先生 第9話「君が作る明日」(1974年、TBS) - 笹塚教頭
  • 日本沈没 第15話「大爆発・海底油田」(1975年、TBS)
  • 電人ザボーガー 第42話「魔神三ツ首竜 その謎をあばけ!」(1975年、CX) - 教授
  • 鞍馬天狗 第19回「世直しまさかり組」(1974年、NTV) - 丸幸
  • 大江戸捜査網12ch
    • 第236話「殺しの陰謀」(1976年)
    • 第264話「囚人強奪の謎」(1976年)
    • 第282話「男涙の離縁状」(1977年)
    • 第288話「浪人殺しの陰謀」(1977年) - 岡部良庵
    • 第307話「初見参お銀 仇討ち始末」(1977年)
    • 第322話「悪夢に泣く少女の叫び」(1978年)
    • 第336話「鉄火娘 怒りの一番纏」(1978年)
    • 第349話「過去を裁く挑戦状」(1978年)
    • 第360話「狙われた恐怖の連判状」(1978年)
    • 第393話「宿無し少年と女掏摸」(1979年)
    • 第619話「姫が消えた非情の囮作戦」(1983年)
  • 愛のサスペンス劇場『愛が見えますか…』第12話(1976年、NTV) - ガスの集金人
  • 華麗なる刑事 第22話「嘘つき幸ちゃんの憧れ」(1977年、CX)
  • ゆうひが丘の総理大臣 第27話「ああ夕日丘に陽がおちて!」(1978年、NTV)
  • 江戸の渦潮(1978年、CX)
    • 第9話「日陰の花に朝が来た」
    • 第15話「悲しみは愛の祈りを」
  • ふしぎ犬トントン 第15話「鬼さんのプレゼント」(1979年、CX) - 校長先生
  • 新・江戸の旋風(1980年、CX)
    • 第2話「山吹色は悪の色」
    • 第7話「つっぱりすぎた慾の皮」 - 清兵衛
    • 第20話「地獄極楽夢のからくり」 - 尾張屋
  • 男! あばれはっちゃく(1980年、ANB)
  • 新五捕物帳 第128話 「鯨とりの詩」(1980年12月23日、NTV) - 老漁師
  • 気になる天使たち 第10話「娘は、いまが曲り角」(1981年、CX) - 撮影所重役
  • 鬼平犯科帳 (萬屋錦之介)(ANB)
    • 第2シリーズ 第23話「金太郎そば」(1981年) - 善助
    • 第3シリーズ 第16話「深川・千鳥橋」(1982年)- 金兵衛

テレビアニメ編集

1969年

舞台編集

  • 逆徒
  • 挫折
  • 辻立ち路通 芭蕉異聞
  • 朴達の裁判

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 池田正二 名義。
  2. ^ a b c ノンクレジット。

出典編集

  1. ^ a b c d e f モスラ映画大全 2011, p. 17, 「脇役俳優辞典02」
  2. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 87, 「『三大怪獣 地球最大の決戦』作品解説/俳優名鑑」
  3. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『別冊映画秘宝 モスラ映画大全』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年8月11日。ISBN 978-4-86248-761-2 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 

外部リンク ==== 外部リンク編集