池田 茂政(いけだ もちまさ)は、幕末大名備前国岡山藩9代藩主。岡山池田家宗家11代。位階勲等従一位勲二等

 
池田茂政
Ikeda Mochimasa.jpg
池田茂政(『岡山市史』より)
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保10年10月11日1839年11月16日
死没 明治32年(1899年12月12日
改名 九郎磨(幼名)、松平昭休(初名)、忠矩、池田修政、茂政
別名 楽山(
神号 五十武彦茂政命
墓所 岡山県備前市吉永町都留岐の和意谷池田家墓所
官位 従四位下侍従備前守、従四位上左近衛権少将武蔵守弾正大弼従三位麝香間祗候正三位従二位正二位従一位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜
備前岡山藩
氏族 水戸徳川家(贈松平)、松平氏、水戸徳川家、池田氏(利隆流)
父母 徳川斉昭、松波貞子
松平忠国池田慶政
兄弟 賢姫、祝姫、徳川慶篤、松姫、
徳川慶喜慶徳茂政松平直侯
八代姫、松平武聰喜連川縄氏
松平昭訓徳川貞子松平忠和
土屋挙直、愛子、徳川昭武松平喜徳
松平頼之、正姫ら22男15女
池田慶政長女萬寿子
勝吉西尾勝順、恒子、隆子、信子、
鎮子、章政
テンプレートを表示
和意谷池田家墓所の茂政の墓

生涯編集

常陸水戸藩主・徳川斉昭の九男(庶子)として天保10年(1839年)、水戸藩江戸屋敷で生まれた[1]幼名九郎磨[2]。のち斉昭より偏を授かって昭休(あきやす/あきよし)と名乗る[2]

嘉永元年8月2日(1849年9月18日)、忍藩松平忠国の養子となって忠矩(ただのり)に改名する[1]。嘉永3年9月12日(1851年10月6日)、従四位下民部大輔に叙任する。同年12月16日、侍従に任官する。安政3年12月16日(1857年1月11日)、溜間詰となる。安政6年11月23日(1859年12月16日)、安政の大獄によって父の斉昭らが処罰を受けると、幕府の顔色を窺った忠国により廃嫡され、水戸徳川家に復籍する[1]

文久3年2月6日(1863年3月24日)、岡山藩主池田慶政婿養子となり、池田 修政(のぶまさ[1]/ながまさ)と名乗る。同年2月8日、慶政の隠居により家督を継いだ[1]。これは当時の岡山藩で、尊皇攘夷かただの尊皇を行なうかで藩論がまとまらなかったため、慶政が藩士の江見陽之進の進言を容れて、尊攘派の盟主的な存在であった斉昭の子を家督に就けることにより藩論をまとめようとしたためといわれる。藩主就任時に14代将軍徳川家茂の偏諱を賜って、茂政に改める[1]

慶応3年10月15日(1867年11月10日)、大政奉還にともない、朝廷から元尾張藩主の徳川慶勝らとともに上洛することを命じられる。王政復古の大号令後の慶応4年(1868年)、15代将軍だった兄の徳川慶喜追討の勅命が出され、岡山藩も東征軍に参加するように命じられる[1]。しかし、慶喜の弟である茂政は兄を討つための討伐軍に加わらず、3月15日に朝廷に対して病を理由に隠退・養子届けを出し、家督を鴨方藩主であった養嗣子の章政に譲って隠居する[1][2]

維新後は弾正大弼に任じられ、能楽の復興に努めた[2]。明治32年(1899年)、61歳で死去した。は五十武彦茂政命。墓所は岡山県備前市和意谷池田家墓所

経歴編集

※明治5年(1872年)までは旧暦日付。

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 池田茂政|幕末のすべて”. ユーエム・サクシード. 2020年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 池田茂政(いけだ もちまさ)』 - コトバンク
  3. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。

外部リンク編集

先代:
伊達宗城
東京海上保険頭取/会長
1883年 - 1896年
次代:
荘田平五郎