メインメニューを開く

池田 輝興(いけだ てるおき)は、江戸時代初期の大名播磨平福藩主、のち播磨赤穂藩の第2代藩主。輝興系池田家初代。

 
池田 輝興
Ikeda Teruoki.jpg
池田輝興像(少林寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長16年1月15日1611年2月27日
死没 正保4年5月17日1647年6月19日
改名 古七郎(幼名)、輝興
別名 松平輝興(別名)
戒名 少林寺殿松巌英秀大居士
墓所 岡山県岡山市中区国富の少林寺
岡山県備前市和意谷池田家墓所(改葬)
官位 従五位下従四位下、右近大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
播磨平福藩主→播磨赤穂藩
氏族 池田氏
父母 父:池田輝政、母:徳川家康の次女・督姫
兄弟 利隆忠継忠雄輝澄政綱輝興
正室:亀子姫黒田長政の三女)
政種政成
通(黒田忠之養女、黒田之勝継室)

慶長16年(1611年)1月15日、姫路藩主・池田輝政の六男として姫路城で生まれる。母は徳川家康の次女・督姫であるから、輝興は家康の外孫に当たるため、松平姓を与えられた。元和元年(1615年)に備前岡山藩主だった兄の忠継が死去したため、その遺領から佐用郡など2万5000石を分与されて、平福藩主となった。しかし幼少だったため、実際の藩政は家臣団によって行なわれた。

寛永3年(1626年)8月19日、従五位下、右近大夫に叙任する。正室には黒田長政の息女亀姫を迎え子女を儲ける。輝興は、様々な法令を出して民政安定化に尽力するなど、藩政に手腕を見せた。寛永8年(1631年)、赤穂藩主だった兄の政綱が継嗣無くして死去すると、赤穂藩の池田氏は一時的に改易されたが、家康の外孫に当たるということから、幕命で特別に輝興が1万石加増の3万5000石で赤穂藩主となることを許された。

赤穂藩の藩政においては、検地城下町の開発などを行なったが、特に上水道の開発に功績を挙げている。ちなみに輝興が行なった上水道開発は、日本初の水道工事とまで言われており、これは後の浅野氏時代に完成することとなった。寛永11年(1634年)には従四位下を叙任する。

和意谷池田家墓所六のお山の輝興の墓

ところが正保2年(1645年)3月15日、事件が起きる。突如として発狂した輝興は、正室亀子姫をはじめ侍女数人を斬り殺すという騒動を起こしたため、3月20日に改易された。その身柄は甥で岡山藩主だった池田光政預かりとなった。その他子女は母方の黒田家に引取られるなどした。そして正保4年(1647年)5月17日、罪人のまま岡山で死去した。享年37。なお、正室亀子の墓所は東京都渋谷区祥雲寺にある。

関連項目編集