メインメニューを開く

池田 雄一(いけだ ゆういち、1937年1月6日 - 2006年8月30日)は、日本脚本家小説家。妻は池田悦子

池田 雄一
プロフィール
別名 茶田 才
誕生日 1937年1月6日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没日 (2006-08-30) 2006年8月30日(69歳没)
テンプレートを表示

来歴編集

東京都出身。早稲田大学文学部卒業後、東映へ入社。1961年に映画『ファンキーハットの快男児』で脚本家デビュー。千葉真一主演、深作欣二監督、近藤照男プロデュースなどの映画・テレビドラマの脚本を執筆した。茶田 才のペンネームで『特捜最前線』や『噂の刑事トミーとマツ』等の脚本も執筆した。

1981年には初の長編小説である『不帰水道』が、徳間書店主催の「2千万円小説懸賞」に入選。同作は1982年フジテレビにおける3時間枠のドラマとして映像化。以後は日本推理作家協会所属の小説家として、多くの著書を執筆する。

2006年8月30日に死去[1]。69歳没。

脚本編集

映画編集

テレビ編集


小説編集

※年月日は初版

脚註編集

関連項目編集