メインメニューを開く

池田 駿介(いけだ しゅんすけ、1940年11月11日[2] - 2010年6月11日[2])は、日本俳優モデル。本名、池田 紀生(いけだ のりお)[1][2][3]

いけだ しゅんすけ
池田 駿介
本名 池田 紀生
生年月日 (1940-11-11) 1940年11月11日
没年月日 (2010-06-11) 2010年6月11日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
死没地 日本の旗 日本 千葉県
身長 174 cm[1]
職業 俳優
モデル
活動期間 1962年 - 2010年
活動内容 1962年東映ニューフェイス
主な作品
テレビドラマ
風来物語
鬼平犯科帳
帰ってきたウルトラマン
緊急指令10-4・10-10
キカイダー01

神奈川県川崎市出身[4](出生は京都府[2])。法政大学第二高等学校法政大学卒業[1][3][5]。SOS(ソサエティ・オブ・スタイル)モデルエージェンシーに所属していた。

目次

来歴編集

殺陣師の大内龍生(大野剣友会創設者・大野幸太郎の師匠)の次男[3]京都府で生まれ、幼少期より神奈川県川崎市で過ごす[2]。子供の頃から少年剣劇団の一員として全国を巡業し舞台に立っていた[6]。中学進学後は芝居から遠ざかっていたが、高校生になると再び芸能界に憧れる気持ちが強くなり、大学進学と同時に劇団文化座の研究生となる[5]。やがて母親の知人だった東映のプロデューサー・高橋昌一の推薦で[5]1962年東映ニューフェイス第10期生となる[3][4][5][7]。同期には小林稔侍[5]吉田豊明らがいた。

ニューフェイスに合格後は俳優座預かりという形になり、しばらくは時代劇の舞台に出演していた[5]1963年、東映映画『白い熱球』でデビュー[5]。その後はテレビドラマ中心に活動し、『戦友』(NET)ではレギュラーを一年間務め、翌年『風来物語』で主役の書生を演じる[5]。初主演となった『風来物語』であったが、当時のNETはネット局が東京と長崎ぐらいしかなかったため、池田自身が有名になるまでには至らなかった[8]。東映を離れたのち、天知茂のプロダクション設立に参加し[8]、たつみプロダクションに所属[1]1969年からは国際放映制作『鬼平犯科帳』に2年間レギュラー出演した[5]

1971年円谷プロウルトラシリーズが再開されることを聞きつけ、マネージャーを通して円谷一に相談し、『帰ってきたウルトラマン(以下、帰マン)』(TBS)でレギュラー・南猛隊員を演じることとなる[9]。翌年には再び円谷プロの『緊急指令10-4・10-10』(NET)に花形一平役でレギュラー出演した[9]1973年には、古巣の東映で『人造人間キカイダー』の続編が制作されることを知り、プロデューサー・吉川進に自ら売り込みをかけ、『キカイダー01』の主人公・イチロー役に抜擢される[10]。『01』終了後は『キカイダー』とともにハワイ州のKIKU-TVに輸出され、日本国内を凌駕する一大ムーブメントに発展[2]。キカイダー=ジロー役の伴大介とともに現地のイベントに招かれ、超満員のファンに迎えられた[2]

俳優業のかたわら、東京・三軒茶屋で「ゼロワン・チェーン」という大判焼きの店を経営していたことがあり、「巡礼」に訪れるファンも多かった[11]1990年代には洋服メーカー・ゼビーのレギュラーキャラクターを務め、CMにも出演[12]。晩年は主にCMや舞台のほか、『帰マン』や『キカイダー』関連のイベントなどで活躍していた。

2010年6月11日午前3時10分、胃癌のために千葉県の病院で死去[13][14]。69歳没。6月16日の告別式では東映の同期だった小林稔侍が弔辞を読み、故人を偲んだ。祭壇には撮影で実際に使用されたイチローのヘルメットとトランペットが飾られ、献花の際は『帰マン』の主題歌、出棺の際には『01』のテーマ曲が流れた[2]。『帰マン』で共演した団時朗西田健、そして伴大介が追悼の辞を雑誌『宇宙船』Vol.129『追悼:池田駿介』の特集記事に寄せている[2]。3人とも偶然にも、池田が死去する直前に別のインタビューに答えていた。7月に放送予定だった東映チャンネルの『ピンスポ』と2010年8月発売の東映ヒーローMAXのインタビューに答える予定で承諾も得ていたが、収録日予定日だった5月下旬に再入院してそのまま死去したため、どちらも叶わなかった[15]。生前に「俺が死んだらハワイの海に(骨を)まいてくれ」と語っており[16]、誕生日である11月11日にハワイでお別れ会と散骨が行われた。

人物・エピソード編集

  • 趣味はサイクリング[17]。特技は柔道(三段)で、高校時代より選手として活躍[3]
  • 『帰マン』共演者では団と西田以外では三井恒と仲が良く、放送当時は4人で遊びに出かけていた[18]。また、『帰マン』DVDの制作時に伊吹隊長役の根上淳を訪れており、当時のことを語り合ううちに感極まって涙を流している(当初は郷秀樹の候補の一人だった)。団と西田は、1992年に行われた京本政樹との対談の中で、池田のことが面白かったと述べたうえで「年上だけど、付き合うと弟みたいな感じ。その一方で物の見方が本当にまっすぐだった」(団)、「芝居の取り組み方が違っていて、いつでも自分なりに見せようと努力していた」(西田)と、それぞれ池田の印象について述べている[19]
  • 書籍『キカイダー賛歌』を伴とともに執筆・出版するため、挨拶を兼ねて石ノ森章太郎の自宅にインタビューに訪れた[20]。池田は原作を読まずに役作りを考えたため、鞍馬天狗をモチーフとした毅然としたヒーロー像を作り上げていった[21]。だが、後年になって原作を知り、原作のイチローと自分の役作りで出来上がったイチロー像があまりにもかけ離れていたことにショックと後悔の念があり、悩んでいたという[21]。それを聞いた石ノ森は「原作はあくまでも原作。テレビ版のキャラクターは役者の個性に合わせればいいんだから」と答え、思わず池田は涙してしまった[21]
  • 晩年、『帰マン』や『01』のファンから声をかけられると「気持ちが当時に戻ってシャキッとした自分になる。年をとったイチローや南隊員を見せたくない」という気持ちになると語っていた[2]

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • ひばりの母恋いギター(1962年、東映) - 青年会C
  • 特別機動捜査隊(1963年、東映) - 赤沼修一
  • 白い熱球(1963年、東映) - 篠原栄一
  • 銃殺(1963年、東映) - 木島一等兵
  • 一万三千人の容疑者(1966年、東映) - 内原進一
  • 非行少女ヨーコ(1966年、東映) - 「ヘイゼル」のボーイ
  • 遊侠三代(1966年、東映) - 副官
  • 超高層のあけぼの(1969年、東映) - 大原課員
  • ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟(2006年、松竹) ※友情出演

オリジナルビデオ編集

  • コスプレ戦士 キューティ・ナイト2 帝国の逆襲(1996年、笠倉出版社) - 甲斐田イチロー
  • 怪異伝承 鬼殻村(2009年、WHDジャパン) - ナビゲーター

舞台編集

  • 英國少年園 (2002年、新宿シアターサンモール) - ピーター・ヘイズリット
  • シンドバットの大冒険2003 (2003年、府中の森芸術劇場) - 魔神島の長老 ゼロウォン

CM編集

ゲーム編集

著書編集

  • 『キカイダー讃歌』伴大介 共著、東西企画(発行)、星雲社(発売)、1997年。ISBN 4795239649

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日本タレント名鑑'73』VIPタイムズ社、1972年、15頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 「追悼 池田駿介」『宇宙船 Vol.129』ホビージャパン〈HOBBY JAPAN MOOK〉、2010年7月1日、136-137頁。ISBN 978-4-7986-0085-7
  3. ^ a b c d e 『福島民報』1971年6月8日付朝刊、7面。
  4. ^ a b 『読売新聞』1967年5月21日付朝刊、10面。
  5. ^ a b c d e f g h i キカイダー讃歌 1997, p. 77-79, ニューフェイスとしてデビュー
  6. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 76-77, 第一楽章 真実イチロー
  7. ^ 東映の友 1962年4月号 45頁。
  8. ^ a b 「イチロー 正義を語る」『怪獣VOW』宝島社、1994年、76頁。ISBN 4-7966-0880-X
  9. ^ a b キカイダー讃歌 1997, p. 79-81, 『帰ってきたウルトラマン』の頃
  10. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 81-82, そしてイチローへ
  11. ^ 変身前も頼れるお兄さん『キカイダー01』池田駿介さん逝く”. zakzak. 2018年10月27日閲覧。
  12. ^ 「イチロー 正義を語る」『怪獣VOW』宝島社、1994年、74-75頁。ISBN 4-7966-0880-X
  13. ^ 【訃報】「キカイダー01」の池田駿介さん、胃がんのため逝く 日テレNEWS24 2010年6月14日閲覧
  14. ^ 池田駿介氏死去 俳優 共同通信 47NEWS 2010年6月13日閲覧
  15. ^ 2010年、東映ヒーローMAX,8月号より
  16. ^ 池田駿介さん告別式…同期の小林稔侍「何とも言えない気持ち」- 日テレNEWS24、2010年6月16日より。
  17. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 186
  18. ^ 『福島民友』1971年5月26日付朝刊、8面。
  19. ^ 京本政樹『京本政樹のHERO考証学』バンダイ〈B-CLUB SPECIAL〉、1992年7月1日、135頁。ISBN 489189234X
  20. ^ キカイダー讃歌 1997, p. 158
  21. ^ a b c キカイダー讃歌 1997, p. 164-165

外部リンク編集