池端 俊策(いけはた しゅんさく、1946年1月7日[1] - )は、広島県呉市出身[2]脚本家[3]

池端 俊策
プロフィール
誕生日 (1946-01-07) 1946年1月7日(74歳)
出身地 日本の旗 日本広島県呉市
主な作品
テレビドラマ太平記
聖徳太子
帽子
夏目漱石の妻
麒麟がくる
受賞
向田邦子賞
芸術選奨文部大臣新人賞
芸術選奨文部科学大臣賞
NHK放送文化賞
放送人グランプリ
紫綬褒章
旭日小綬章
テンプレートを表示

来歴編集

広島県立呉三津田高等学校を経て[4][2]1970年明治大学政治経済学部卒業[5]。高校時代から演劇部に入り、脚本作りに熱中していた[6]。大学在学中からシナリオ作家協会主催の「シナリオ研究所」(現在の「シナリオ講座」)に通い、卒業後は竜の子プロダクションに半年勤務。その後は営業職など職を転々とし、今村昌平の脚本助手となり、今村監督の映画『復讐するは我にあり』(1979年松竹/今村プロ)、『楢山節考』(1983年東映/今村プロ)の第1稿を手がけた。

1984年テレビドラマ脚本『私を深く埋めて』(TBS)『羽田浦地図』(NHK)『危険な年ごろ』(読売テレビ)の三作品で向田邦子賞芸術選奨文部大臣新人賞を受賞し脚光を浴びる。

1991年、第29作目の大河ドラマ太平記』の脚本を手がける。

2009年春に『帽子』(NHK広島)で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、同年秋には紫綬褒章を受章。

2017年、『夏目漱石の妻』(NHK)で放送人グランプリ2017のグランプリを受賞。同年、旭日小綬章を受章[5]

2020年、自身2作目となる大河ドラマ『麒麟がくる』の脚本を手がける。

映画『復讐するは我にあり』『楢山節考』以来の仲である緒形拳の出演作を、『羽田浦地図』『百年の男』『帽子』(以上、NHK)など多数執筆。初監督映画『あつもの』でも、緒形が主演している。2009年2月に、2008年に死去した緒形を追悼するドキュメンタリー番組『俳優〜脚本家・池端俊策が見つめた緒形拳〜』(NHK)が放送された。

ビートたけしの主演作も、『昭和四十六年 大久保清の犯罪』『イエスの方舟』『あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』(以上、TBS)などを発表している。また、1990年の『忠臣蔵』では、両主演という形で、緒形拳(大野九郎兵衛役)、ビートたけし(大石内蔵助役)が共演した。

演出家の鶴橋康夫とのコンビは長く、『仮の宿なるを』『魔性』『危険な年ごろ』『風の棲む家』(以上、読売テレビ)などの作品がある。TBSプロデューサーの八木康夫との仕事も、『昭和四十六年 大久保清の犯罪』『協奏曲』『烏鯉』など多数。

日本放送作家協会会員。日本脚本家連盟会員。日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム代表理事[7]向田邦子賞選考委員。また、日本映画学校に於いて多数の後進の育成に努める。

作品編集

テレビアニメ編集

テレビドラマ編集

映画編集

著書編集

  • 『池端俊策ドラマ集』(1990年、日本テレビ放送網)
  • 『池端俊策ベスト・シナリオセレクション』(1998年、三一書房

脚注編集

関連項目編集