メインメニューを開く

池谷信三郎賞(いけたにしんさぶろうしょう)は、小説・戯曲などで頭角を現しながらも、33歳で早世した池谷信三郎の名を冠し、「文学界」同人たちが中心になり、文藝春秋社によって設立された新人のための文学賞。

創作、批評などの文芸作品に贈られる。第6回まで年2回、第7回から年1回になり、第9回(1942年)で終了した。第1回の受賞者となった中村光夫の回想によると、文藝春秋の代表で会った菊池寛は、この賞を小説主体のものとしたかったようだが、『文学界』同人側は現在必要なのは批評への賞であるという見地から批評と翻訳に対して授賞していったため、途中で菊池が申し入れをして、小説に授賞するようになったのだという。そのため、第1回の授賞式での菊池寛はすこぶる不機嫌であったという[1]

受賞者編集

編集

  1. ^ 中村光夫『今はむかし』(中公文庫、1981年)、p145-146